キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像
飼い主&猫たちの口コミをピックアップ!

カナガンキャットフード

画像
画像

カナガンはとにかく食いつきが良い!
我が家ではしばらく前からホリスティック系の安全なフードに切り替えようと試みていたのですが、4匹中4匹がかなりの偏食猫。 安いものばかり選ぶ始末でした。(おそらく油の匂いが原因?)

にも関わらずカナガンはすごい人気!
逆に全員がバクバクと食いついてくれました。それ以来、カナガンがメインフードです。

=木村さん 30代 北海道=
画像

我が家でも安心してあげられるキャットフードを!
と主人と相談した結果、カナガンを選ぶことにしました。
一番の決め手は獣医師の推薦を受けているということ。
あと、自分たちで調べて穀物不使用というのがすごくメリットだと思ったこと。 この理由でカナガンに決めました。うちの猫も喜んで食べてくれて一安心でした。

=徳井さん 50代 埼玉県=
>> カナガンの公式サイトへ

シンプリーキャットフード

画像
画像

うちではずっとカナガンを愛用していましたが、最近シンプリーも時折あげています。 反応からするとかなり美味しいみたいです。
一時、試しに一週間毎食これだけあげてみたらさすがに飽きたみたいなので、その後はカナガンと両方あげています。
基本はカナガンが安定だけれど、シンプリーはおやつとしても重宝してます。

=武田さん 40代 宮城県=
画像

シンプリーはカナガンと同じメーカーかな?
安心してあげられる数少ないフードだと思います。
我が家の猫たちにも好評です。

=神谷さん 20代 東京都=
>> シンプリーの公式サイトへ

ORIJEN(オリジン)

画像
画像

フルーツ・野菜も配合されているということで、本当に大丈夫か?
と思いましたが「猫が本能的に摂取する獣医師厳選の植物配合」とのことだったので、なるほどと納得。 穀類が全く使われていないというのも良いと思いました。 カナガンと比べると、いくらかコスパは低いかもと思うのですが、私はそれでもOKだと思いました。

=佐藤さん 30代 東京都=
画像

某お弁当屋さんみたいな名前。
だけど、本当に高品質なキャットフードを展開しているメーカーです。
とにかく原材料へのこだわりがスゴイと思います。
もちろんヒューマングレードだし、むしろ、私が食べている鶏肉とかより良いものが使われているかも?(笑)
ただ、値段がちょっと高いかなあ。
オリジンよりは、ちょっと安いので今度はカナガンを試したいと思います。
食いつきが良い様であれば、そちらも信頼できそうなので、変更しようかな。

=都丸さん 40代 岩手県=
>>ORIJEN(オリジン)の体験談へ
>>ORIJEN(オリジン)の公式サイトへ

犬猫自然食本舗

画像
画像

色々なキャットフードがあったので悩みましたが、まずはお試しフルセットを買ってみました。 ぶっちゃけ、これはいらないなぁというものもありましたが、安いのでまぁ良いか。

うちのお姫さま(4才・MIX)も気に入っている様子です。
今後は水分をなかなか摂ってくれない子なので、主食のレトルトタイプをまとめ買いするつもり。 いつまでも元気でいて欲しいですからね。 お金に糸目はつけません!

=西さん 20代 富山県=
画像

ウチのはカリカリが大好きなので「マザー.nyan」というのを買ってみました。 お試しセットで試してみましたが、やっぱりカリカリが人気でした。 国産で無添加なので安心できますね。
国産ということは船で運ぶ必要がない・・・
つまり保存料がそんなに必要ないってこと?
そういう点から考えて信頼できると思いました。

=由良さん 50代 大阪府=
>> 犬猫自然食本舗の体験談へ
>>犬猫自然食本舗の公式サイトへ
比べて納得!コーナー

「総合栄養食」と「一般食」の違い

キャットフード選びでは、合成添加物の有無の確認や原材料の品質が重要。
しかし、チェックしたいポイントはそれだけではありません。
総合栄養食と一般食の違いについても知っておく必要があるでしょう。

画像

総合栄養食は理想的な栄養バランスが実現されているものを指します。
主食として利用できるものです。
水と総合栄養食を与えていれば、十分な栄養価が摂れるようになっているのです。

一般食は、その基準を満たしていないものを指します。
その為、オヤツやふりかけとして与える程度にとどめておくのが得策でしょう。
パッケージにも総合栄養食と一緒に与えて下さい・・・
などのコメントが記載されているかと思います。

「ウェットフード」と「ドライフード」の違い

ウェットフードとドライフードのどちらを与えれば良いのだろう・・・
そんな基本的な悩みを持っている飼い主さんも少なくありません。
高品質なフードであれば、基本的にはどちらでも構いません。
猫の好みや飼い主さんの判断におまかせします。

画像

ウェットフードは水分も同時に摂取できるのがメリットでしょう。
対して、ドライフードはカリカリとした感触を楽しむことができます。
また、ドライフードの場合は歯石・歯垢が溜まりにくいと考えることもできます。

いずれにしても、高品質なフードを与えてあげることが大切です。
例えば「カナガン」がおすすめです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他