キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ここを見てキャットフードを購入しよう

犬、猫のフードは、アメリカのガイドラインが基本となっています。
これは米国飼料検査官協会といい、AAFCOといいます。
このAAFCOは、栄養の基準や、分析、給与試験などを行っています。
ですから、AAFCOの基準を満たしている、と表示されているキャットフードは、そうした面で良いキャットフードの基準の一つとなります。

日本でも2009年の6月からペットフード安全法が施行されています。
これにより、日本でも犬、猫のペットフードの製造における基準が設けられました。
そうした基準はありますが、他にも添加物などの入ったフードを与えたくない、と心配される方のために、添加物を使用していないもの、
素材や栄養価を重視するフードも出ています。

キャットフードはhttp://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/room.htmlにもかいてありますが、一般的にドライタイプとセミモイストタイプ、ウェットタイプに分けられます。
ドライタイプは、含まれる水分が一割未満で、歯垢がつきにくいという利点があります。
与える時には、お水を一緒に出すようにします。
セミモイストタイプはまだ幼い猫や、年をとった猫には食べやすくなっています。

また、キャットフードは総合栄養食と書かれているものが、猫にとってのメインとなり、必要な栄養素がおおよそ含まれています。
副食となるのが、いわゆるおやつで、これは、猫の好むままに与えてしまうとカロリーオーバーしてしまいますので、あくまでもメインのキャットフードとは分け、
量を調整します。

キャットフードには他に、猫の体質に合わせたものも多く出ています。
歯垢対策、毛玉ケア、胃腸に優しいもの、アレルギー対策、妊娠、授乳中用といったものがあります。
他に、獣医さんの出す療養中のキャットフードには、心臓病や、腎臓病、肝臓病、糖尿病、肥満用、結石用、泌尿器症候群用、下痢用などがあります。
他に、猫にとって必要なタウリンや、猫泌尿器症候群を防ぐFUS対策においては、キャットフードに表示されていますので、そうしたものを選ぶと良いでしょう。

キャットフードは、猫を飼う方や、猫の体質により、ニーズも変わってきますので、これがいいと思えるもの、また猫が好み、健康な毎日を送れるものを選ぶことも大切です。


↑こちらにはキャットフードの種類ごとの特徴や、愛猫に合ったキャットフードの選び方についてかいてあります。
こちらもとても参考になるサイトなのでみなさんも是非ご覧ください。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他