キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

与えるキャットフードを見直す必要性

キャットフードは、猫を大切に育て、元気でいてほしいと願う飼い主の方のニーズや、猫の体質によって、良いと思われるものも違ってきます。
猫がキャットフードを食べて数時間後から一日、二日の間に下痢、脱毛、皮膚炎症、かゆみなどを起こす場合は、食べたキャットフードに対し、アレルギー症状を
起こしている可能性があります。

アレルギー症状の原因は、キャットフードの場合、そこに含まれているタンパク質による場合が多くあります。
キャットフードに使用されるタンパク質は、牛、魚、羊、鶏、馬など様々で、猫によって、使用されている原料が合わないということがあります。
ですから、例えばこのキャットフードでは食べた後に下痢をする、吐く、といった症状が出ても、こちらのキャットフードにしてからは、そうした症状が出ない、
というケースもあります。

また、そうした症状とは別に、室内で飼っているため運動量が少ない猫に、空腹になるまで食事を与えないというのも可愛そうというケースでは、カロリーの低めの
キャットフードにすることがあります。
去勢後の猫の場合も、肥満や尿結石にならぬよう猫泌尿器症候群対策のFUS表示で、ローカロリーのキャットフードにするというケースもあります。

キャットフードの選び方は、それぞれの猫の体質によっても、向き不向きが分かれますが、毎日の中で、猫のお通じの様子や毛並み、体重などから、
どのキャットフードが良いか、また、別のものにした方が良いかを見ていきます。
キャットフードを選ぶ際には、マグネシウムやタウリンの含有率や、カロリー、総合栄養食、AAFCO合格などを基準するするケースが多いです。
キャットフードを変える場合は、猫によっては、急に違うものを出されても、食べない場合もあります。
そうした場合には、少しずつ混ぜて食べさせるなどすると良いでしょう。

また、猫により、高価なものを好まずに、安価なものを好んで食べ、健康状態もずっと良好だということも多くありますので、飼う立場のニーズとともに、
猫の体質を考慮すると良いでしょう。
こちらのhttp://xn--nck1bpe3d4d0i.ws/9.htmlには、高齢の猫ちゃんにあげてほしいキャットフードが紹介されています。
高齢の猫と子猫では必要な成分の量が異なってきますので、愛猫の年齢に合わせて変えていく必要があるんですね。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他