キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

中毒を起こしてしまう食べ物とは

猫は多くの場合、室内で人とともに暮らしています。
そうした中で、人がおいしいと感じるものを、可愛がっている猫にも食べさせたいと思う場面も多いかもしれませんが、人にとっておいしく、栄養のあるものが、
猫にとっては健康を害する場合があります。

まず、玉ねぎ、長ねぎ、にら、わけぎ、らっきょう、にんにく、あさつきなどは、溶血性貧血の原因になります。
すきやきをする際に、ねぎを直接食べさせていないからという理由で、すきやきをあげてしまったりしますと、ねぎの栄養分が溶け出しているため、
ねぎを摂取した状態になってしまいます。
ですから、お味噌汁などでも、ねぎが入っているものは、与えるのを控えます。

アワビは、アワビの内蔵が原因となり、光線過敏症を起こしてしまう危険性があります。
いか、たこの生の状態は、急性ビタミンB1欠乏症の原因になります。
これはいか、たこに含まれているチアノーゼが原因です。
しかし、チアノーゼは加熱することで、その力がなくなりますから、加熱し、調整した分量で与えれば問題ありません。

また、スルメは、食べた後の水分吸収の力が強く、膨張するため、猫には与えてはいけません。
豚肉は、寄生虫、トキソプラズマがありますので、生では与えず、加熱する必要があります。
生卵も皮膚炎、結膜炎の原因となりますので、加熱して与えるようにします。

チョコレート、ココアは、カカオのテオブロミンが原因で、下痢、吐き気、血圧上昇、不整脈の原因になります。
ぶどう、レーズンは、下痢や腹痛の原因となります。
アボガドは、嘔吐、下痢の原因となります。
あじ、いわし、さばなどは、過剰摂取は、黄色脂肪症の原因となり、レバーも食べ過ぎるとビタミンA過剰症の原因となります。

牛乳は、下痢の原因になります。
猫にミルクをあげたい時には、猫用のミルクにします。

また、ミネラルウォーターも、人にとっては良い成分でも、猫にとっては猫泌尿器症候群、FUSの原因となります。
他にもミネラルを含むものは、同じ理由で、与えるのを控えるようにします。
また人間の薬やサプリメント、犬用のフードも猫には与えないようにします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他