キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ペットフード安全法とキャットフード

ペットフード安全法は、平成19年に有害物質であるメラミンが混入したペットフードが国内で販売されていたことをきっかけに、
ペットフードの製造などの規制をすることで、飼料の安全性を確保して愛護動物の健康を保護し、愛護することを目的として作られました。

この法律によって、規格に合わないペットフードの輸入や販売の禁止。
名称、原材料名、賞味期限、製造業者の名前か住所、原産国名の表示義務。

輸入業者や製造業者の届け出の義務。
業者が輸入や製造、販売などの記録を残す義務。
有害物質などが混入したペットフードは回収、廃棄などの適切な措置をとる。
問題が起きた時に、業者に立ち入り検査や報告徴収が出来る。
といった、細かい決まりが出来ました。

昔は、ネコやイヌの食事の質にこだわる飼い主が少なく、法の規制も緩かったので、
添加物の多く入った安価なペットフードが輸入されたり、販売されていました。
死んだ家畜、死にかけの家畜、病気で死んだ家畜、負傷した家畜、
これを合わせて4Dミートと呼ばれるような肉がペットフードに使われていると、
腐敗などを防ぐために多くの薬品が肉に含まれている場合もありました。

しかし、安全法が制定されたことによって低品質なフードは販売出来なくなり、
原材料名も明確になったことから飼い主がしっかり内容を見極めることが出来るようになりました。

ネコは本来肉食系の動物で、肉や魚のタンパク質を主に食べます。
また、体内で合成出来ない栄養素もあるので、高品質で栄養バランスの整ったキャットフードを食べることが健康にとても大切なのです。

安価なキャットフードはトウモロコシなどの炭水化物が主原料になっており、消化に悪かったり十分な栄養バランスでなくネコの体調不良の原因にもなってしまいます。
イヌよりもグルメと言われているネコにとっても飼い主にとっても、安全で明確なキャットフードを選べるようになってフード全体の質も向上することにつながりました。

安全法の制定により認められたキャットフードが多く出回るようになり、ネコが高品質の食事を摂取出来るようになったのです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他