キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ウェットフードとは

ウェットフードは、水分含有量が75%前後のペットフードになります。
ウェットフードは、開封してしまうと品質保持期間が短いので、食べ残しをそのまま残す場合や、食べれなかった分などは、きちんと管理ができるように、しっかりと注意することが大切になってきます。
猫がいて、よく留守にする家で猫が留守番をしている時間の長いような家庭においては、ペットフードの特徴をしっかりつかんで、時と場合に合ったペットフードを選ぶ必要があります。

猫が何か病気などにかかった場合、処方食としてはドライフードが多くなります。
よって、ドライフードに慣れておくと良い、なんてことをいわれることもあります。

ペットフードの好き嫌いは大抵、幼い頃に決まるといわれていて、ドライやウェット、などさまざまなフードを食べられるようにしておくこともよいでしょう。
たとえば、いつもドライフードを食べている猫に、ウェットフードなどを混ぜてみると、普段よりも柔らかくなり食べやすく、また肉を食べているような感じになって喜んで食べる場合もあります。
このように、ウェットフードとドライフードを混ぜて与えることを、ミックスフィーディングと呼びウェットフードとドライフードの比率を変えてみたり、種類を変えることで味の種類も増え、食事の楽しみを覚えてく
れます。

ドライフードに比べると、低脂肪・低カロリーのウェットフードは、ドライフードと混ぜることで、ドライのみの場合に比べてぐっとカロリーダウンするという利点もあります。
よって、1回の食事の量も増え、愛犬のお腹も満たされることでしょう。

ウェットフードは、水分を75%以上とたくさん含まれていますが、ペットフードの製品にウェットフードの場合として含まれているであろう水分量が、体内で十分に吸収されます。
ウェットフードを食べると便がやわらかくなることがありますが、それはあくまでも一時的な症状で、いつも食べたことが原因となります。
すこしずつウェットフードの量を増やすようにして、食事に慣れていくようにしましょう。

ウェットフードのほうが、歯を虫歯にさせるなんてこともありません。
むしろ、歯周病などの場合は、やわらかめなウェットフードのほうが食欲が出るなんてこともあります。
動物もい人と一緒で、歯を綺麗に保つためには食後の歯磨きが大切になります。
小さいうちから歯磨きの習慣をつけることによって、楽になるでしょう。

ウェットフードは、もちろん動物のためのフードですから、人の食事のように、味付けを調味料などですることもないので、安心してあげることができるでしょう。
いつもたべているドライフードにウェットフードを足すと、いつもと違った感覚で、食感を楽しむことができるでしょう。


= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他