キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫まんまはNG

猫まんまってご存知ですよね。
よく、やる。
なんて人も多いかもしれませんが、猫飯(ねこめし)とも呼ばれ、ご飯の食べ方の通称になっています。

猫まんまのまんまとは、ご飯の幼児語になっていて、猫にあげるご飯のような簡便な混ぜご飯のことを指します。
具体的にいうと、みなさんよくご存知なのが、ご飯に味噌汁をかけて食べるという食べ方ですよね。
実際には、ご飯に鰹節をかけて、混ぜたものなどもそう呼びます。

鰹節の代わりに魚の食べ残しやダシをとった後の煮干の残り物をご飯に乗せたものなどなどのこともいいます。
こういった物は、人が食べる物としては扱われなかったため、一説には、このようなご飯のことを猫まんまと呼ぶ。
というものもあります。

かつてはペットのえさ代を節約するために、人の残した食べ物をねこまんまにして与えていました。
その後の日本の経済成長によって、所得向上でえさを買う費用に困ることがなくなってきたため、猫缶などいわゆるペットフードが市場に出回ってくるようになりました。

今ではえさ代を節約するために、残ったご飯をペットにえさとしてあげる家庭は減ってきました。
しかし、その時代の言葉だけが残って、キャットフードのことをねこまんまと呼ぶこともあります。

猫は炭水化物を消化する能力が、人よりも、そして犬よりもまたさらに低いといわれているくらい低いのです。
またこれは犬、猫ともにいえますが、腎臓の能力が人よりも低くなっているため、人が普段美味しくたべている味付けでは塩分過剰となってしまいます。
よって、人が残した物を混ぜてえさとして与えるという事は、栄養学的にもあまりいいことではないという事になります。
なので、ご飯に味噌汁をかけたねこまんまというのは、猫にとってみると炭水化物に塩分過剰になり、またタンパク質不足となっていまいます。

またネギ類には犬猫の赤血球を破壊する物質である硫黄化合物という物質が入っているために、たまねぎなどのネギ類を与えてしまうことによって、重度の貧血をおこしてしまうこともあり、場合によっては死んでしまうと
いうこともあります。
なので、ネギそのものはもちろん、ネギ類の抽出物を含んでいるような食品はとても注意が必要になります。
特に、玉ねぎらタマネギ中毒になる恐れがあるため最も注意が必要となりますので、絶対に与えないようにしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他