キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

与えてはいけない食べ物とは

大切に飼っているペットだからこそ、
人の食べているものを少しなら。なんてわけてあげたくなったり、なんでも食べさせてあげたくなってしまいますよね。

もちろん、ダメではありませんがねこにも与えてはいけない食べ物もあります。
間違えて食べさせて苦しい思いをさせることのないよう、与えてはいけない食べ物はしっかり頭にいれておきましょう。

まずはタマネギ・ネギ類です。
タマネギを切ると目にしみることがありますよね。
その目にしみる成分であるアリシンが空気に触れることによって、猫の血液中の赤血球を溶かす酵素に変化してしまいます。
これは加熱しても変わることはないので、人なら食事をあげたりする場合には最も注意が必要となります。

そして次は、イカやスルメです。

特にスルメイカは、お腹の中で10倍にもふやけるといわれています。
胃拡張となり動けなくなってしまうことがあり、また消化も悪く、消化不良や嘔吐の原因にもなりますので与えないようにしましょう。
また、イカは古くなることによりビタミンB1を壊す酵素サイアミナーゼがつくられ、チアミン欠乏症を起こす恐れがあるといわれています。

また生の豚肉には人にも感染するといわれているトキソプラズマという寄生虫がいることもあるため、やめた方がよいでしょう。

また魚や鳥の骨などは硬く、食道なども突き破ってしまう可能性もあり、消化も悪いので、注意しましょう。

生卵も、アビディンという酵素を含んでいるので、このアビディンは皮膚と髪の毛に影響を与え、さらにサルモネラ菌を含んでいることもあります。
なので与える場合は必ず加熱しましょう。
栄養的には、加熱した卵は理解的な食べ物になるため、加熱して活用しましょう。

後は、ふとあげてしまいそうなパンも、イーストを含んでいますので、消化管の中で膨らんでしまうことによって、ガスを発生させてしまう場合もあるので注意しましょう。

常識として、分かるであろう、アルコール類・甘いお菓子類・香辛料類・人のサプリメント・熱い物やすごく冷たいものはもちろんだめですので与えないでください。


= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他