キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

馬肉の栄養素

「馬肉の栄養素」

馬肉って一度は口にしたことありますよね。
なんとなく体にはいいのかな。なんて思いますが、どんな栄養がとれるか知っていますか。

馬肉はたくさんの栄養素がバランスよく含まれているといわれているお肉になります。
肉の中でも特に馬肉は、高タンパク・低カロリー、さらにミネラルやグリコーゲンなども含まれているのです。
このタンパク質にはペプチドが多量に含まれているといわれています。
ペプチドって聞いたことありますよね。

グリコーゲンとは、動物性の多糖類の一種のことをいい、ブドウ糖に変化していき、エネルギー源としてとても大切な要素となっています。
馬肉には他の食肉と比べて3倍もグリコーゲンが含まれているといわれています。
よく馬肉を食べると体が温まる、なんてことをきいたりしますが、これはグリコーゲンの働きであるということがいえます。

またカルシウムでいうと、牛や豚のお肉の3~4倍は含まれていることがいえ、鉄分でいうと、牛や豚、鶏の肉の約3~4倍は含まれています。

特に鉄分には、ヘム鉄が豊富に含まれてるといわれ、ビタミンAやEなどといった、ビタミンもたくさん含まれているということができます。

この他にも馬肉は、健康に欠かすことのできない必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸が牛や豚のお肉に比べて、
豊富にバランスよく含まれているということができます。
馬肉は消化の良いタンパク質なので、食物アレルギーの原因になりにくいといわれています。
少ない量でも、充分な量のタンパク質が補うことができるので、食欲の落ちてきてしまうシニアといえるペットにもおすすめといえるでしょう。

しかし、アミノ酸は熱に弱いので、火を通してしまうことによって違うアミノ酸に分解されてしまうので、注意が必要になってきます。
なので馬肉を与える時は、なるべく火を通さない生肉をお勧めします。

最近は、食の安全性が重視されてきて、特に生肉に関しては、規制ができたり敏感になってきています。
その中で馬は牛や豚、鶏肉などの食肉の中では、最も安全ということができます。

馬は牛や豚、鳥とは違い、添加物やホルモン剤といった薬物を使わず、自然飼育されているものを使用するといった面からも、安心ということができるのかもしれません。


= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他