キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

馬肉と他のお肉との違い

よく、馬肉がお勧めといわれますが、牛肉や豚肉、鳥肉と何の違いによってお勧めされているか知っていますか。
馬肉はもちろん、馬の肉のことであります。
地域によっては食べてはいけない肉としているところもあります。

馬肉はなんといっても、栄養価が高くて、食べても太りにくく、低アレルギーであることがあげられます。
他の肉に比べ、低脂肪で低カロリーなのに、高たんぱく質であることがいえます。

ミネラルをみてみても、牛肉や豚肉と比べてカルシウムが3倍、鉄分はなんとほうれん草やひじきなどの鉄分が豊富といわれている食品よりも豊富で、豚肉と比べて4倍さらには鶏肉の10倍にもなるといわれています。

ビタミンAやB12、Eなどもとても多く含まれ、グリコーゲンは牛肉の3倍以上にもなっています。

ペプチドやリノレン酸なども多く含まれているため、人にも注目されていて、疲れ気味の時など、元気をだしたい時に最適とされています。

牛は、体のすべての部位の肉を食べられるといわれていましたが、近年に発生した狂牛病により、危険な部位がでてきました。
また、牛刺しや生レバーなど、生で食べる料理がありましたが、カンピロバクターなどの危険性もあり、今は生で食べることは禁止されています。

豚肉は、様々な料理に使用することができ、生姜焼きや豚の角煮、お好み焼きなど、家にあると重宝しますよね。
豚肉は、加熱を必要とする食肉で生で食べることはありません。
豚自体がもっている豚ヘルペスウィルスやトキソプラズマやE型肝炎などの感染症の危険性がある上に、カンピロバクター、リステリアなどの食中毒の原因となる菌の汚染の可能性もあります。
よって、必ずしっかりと熱を通してから食べましょう。

鶏肉はニワトリの肉のことで、みんな大好き唐揚げや焼き鳥など子供も好きなの料理が沢山ありますね。
鶏肉は、新鮮な肉だとしても、カンピロバクターという食中毒を起こす可能性があるため、生食には向かないとされます。
脂肪が少ないために、ヘルシーな食材としてあげられることが多くあります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他