キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ANFタミアミキトン

ANFとは、アメリカ飼料検査官協会が定めている栄養基準を満たすアメリカで40年以上もの歴史を誇る、信頼しているブランドになります。
天然の素材やハーブ、サプリメントや乳酸菌などに使われているを、ホリスティックといわれるシリーズが人気となっています。

主原料 は鶏肉粉をはじめ、ひき割り玄米や鶏脂肪、ビートパルプやひき割りオーツ麦、
乾燥卵製品や魚粉、醸造用酵母、天然香料やレシチン、魚油、
ミネラル類に含まれる塩、炭酸カルシウム、塩化カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素酸カルシウム、セレンなどさまざまなものが入っています。

離乳期からずっと約9~12カ月までの子猫または妊娠、授乳期である母猫に最適といわれるそうです。
チキンや卵、フィッシュの3種類のたんぱく質の源となっていて、子猫の発育を助けてくれます。低マグネシウムで、FUSにも配慮された形になっています。

FUSとは、猫の泌尿器症候群のことをいい、症状としては、尿がでにくかったり、血液がまじっていたり、また回数が多くなったりすることがあります。
きちんと治療しなければ、50~70%は再発すると言われています。
特にオス猫に多い病気のひとつになっています。
FUSに関する病気というと、膀胱炎や尿道炎、尿道炎、尿道栓または尿道結石症があげられます。
また、メス猫にはあまり見られず、何故オス猫に多いかというと、オス猫の尿道は、膀胱からペニスに向かう途中で、急に細くなる部分があることがいわれます。

FUSはいくつかの要因がたまたま重なったことで発症してしまうものと考えられています。
治療としては、尿道につまっているものを取り除くという処理を行っていきます。
細いカテーテルを挿入していき、洗い流すという作業になります。
カテーテルを数日そのままにしておくこともありますが、猫がカテーテルを抜かないようにカラーを付けさせます。
カテーテルの挿入などできない時には、超音波を使い結石を粉砕し、カテーテルを挿入していきます。
その作業でも抜けない場合には、開腹して手術をします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他