キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ドクターズケア

人間もペットもやはり健康が第一ですよね。
何事もないことが1番の幸せなのかもしれませんが、犬や猫も、人間と同じように、病気になることもありますよね。
そんな時はもちろん動物病院に通い治療を受けて病気を治していきますよね。

ペットの病気となると、飼い主さんのサポートが最も重要になってきますので、しっかり支えてあげましょう。
病食のようなものだと、やはりおいしくはないようなかんじで、あまりご飯を食べなくなりがちですが、ドクターズケアの場合、美味しいのか病気のはずの猫がバクバクたべてしまうようです。

ドクターズケアとは、特定の病気にかかった猫たちの食事の管理を目的としながら、開発された特別な療法食になっています。
ドクターズケアは療法食となっているので、必ず獣医に進められたものを購入し、食べさせるようにしましょう。
病気によってエサが変わってくるので、間違えることのないように、しっかり確認して購入しましょう。

例としてあげていくと、
「ドクターズケア 猫用 ストルバイトケア」というものは、ストルバイト尿石症である猫の食事を管理する目的で開発された猫用療法食になります。
マグネシウム・リンなどの制限の他にも、尿が酸性化されていくようにしっかりとフード中のミネラルバランスが計算されているのです。
また、消化性の高い原材料を使っているので、排便量が減少して、相対的に尿量が増加していくことによって尿が希釈されることになります。

また、「ドクターズケア 猫用 キドニーケア」は、慢性腎不全になってしまった猫の食事管理をするために開発された猫用療法食になります。
高品質のたんぱく質原料を使っているので、製品中のたんぱく質含量は低減されます。
たんぱく質以外のカロリーを高め、リン、ナトリウムを低減させます。
カリウムとビタミンB群を強化してくれます。

このように、様々な病気に適した療法食になっていますので、しっかり獣医さんと相談しながら、この療法食を活用してみましよう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他