キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

飼い猫の年齢について

飼っているペットが、人間でいうといったい今何歳なのだろう。
と考えたことってありますよね。

動物は、人間が一歳成長する間に、もっ成長していくため、人間でいう一歳が動物でいう一歳というわけではありません。
人間の一歳はまだまだ赤ちゃんに近いですが、動物にしてみれば、一歳でも大人と呼べる動物達もいるんです。

猫は人間でいう一歳で、いったいどれくらい成長するのでしょうか。
はっきりとした数字をだすということはできませんのであくまで予測にすぎません。

まず、猫は10~16年くらいの寿命といわれています。
最近ではペットとして大切にさ飼われることが多くなってきているため、20年以上生きるという猫も増えてきています。
野良猫の寿命は5年くらいともいわれます。

一概にはいえませんが、人と同じで猫もオスよりメスの方が長生きするといわれています。
産まれた時は人間とあまり変わらず、だいたいを眠って過ごします。
排泄も自力では行うことができず、人の赤ちゃんと同じく母を必要とします。
だいたい一週間くらいで、目が開くようになり、耳も聞こえだします。

人間の赤ちゃんでいう生後一ヶ月くらいの成長になるので、このあたりから少しずつ成長のスピードがはやくなってきます。
だいたい2週間くらいから、目も見えはじめ、自力で立つという行動にでようとします。
耳も立ちはじめ、ここからの成長のスピードはぐっとはやくなります。

人間でいう一歳は猫でいうところでだいたい17歳くらいといわれています。
一年で成猫に大きさになるといわれ、門歯が減り始めます。
キャットフードでいうと、一年たつと、成猫用のキャットフードになります。
メス猫は妊娠できるようになり、子供も産めるようになります。

猫はだいたい一生が20年と考えられていて、20年で人間でいう100歳くらいになります。

人間も、決まった寿命はなく、いつ何が起こるかわかりません。
全ての人間や動物にいえることはやはり与えられた一日一日を大切に生きることなのかもしれません。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他