キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫をしつけるポイント

ペットを飼うにあたり、やはりしつけは1番のポイントになってきますよね。
ここでは猫のしつけについてみていきましょう。

まず、ポイントとして、良いことと悪いことの区別をはっきりとつけて、わからせるということです。
これは、猫だけに限らずペット全てにいえることですよね。
もちろん、人としてもいえることですが、やはりはっきりと区別させるということが大切になります。

まず、猫は善意ということを理解することができません。
よって、何か悪いことをした時に、叱りますよね。
そこで叱った後に、その悪いことをしなかった時に、沢山褒めてあげるというこえが1番のポイントになるでしょう。
猫にも、人間のような個性や感情というものがあり、人の感情や態度にやたら敏感に反応する生き物だと言われています。

猫でいう1年とは、人でいうと15年程の成長といわれています。
よって、大人になるのがはやいため、しつけやすいともいわれています。

猫を飼ったらまず気になるであろうことはトイレではないでしょうか。
猫は朝目覚めた時、食前の食後、遊んだ後など、排尿したくなるタイミングがあります。
必ずしもというわけではありませんが、このタイミングを見計らいながら、猫をトイレに連れて行くようにして、はじめましょう。
猫がトイレとは違うところで、排尿しそうにしているのに気づいたら、そっと抱き上げてなるべくトイレに連れて行くようにしてあげましょう。
これを何回か繰り返すことで、猫はトイレにいくことが習慣となり、自分自身でトイレにいくことができるようになるでしょう。
猫にもそれぞれすぐにマスターできる猫や、いつまでたっても覚えてくれない猫もいます。
そんな時、覚えないからといって、絶対にしかったりしないように注意しましょう。
しかっても猫は反省するどころか怖がってしまいます。

猫は理解する能力はないので、猫のしつけに叱るということは、逆効果になってしまうので、注意しましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他