キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

飼い猫の避妊手術

人間でも、犬でも猫でもやはり赤ちゃんってかわいいですよね。

しかし、可愛さだけでは、育ててあげることはできません。
赤ちゃんが産まれるにあたりサポートできる場合は良いのですが、望まない妊娠は、猫と犬の場合には、やはり飼い主がしっかりと対処してあげなければ、妊娠した猫も、その飼い主さん達も大変な思いをしてしまうので、
発情期をむかえる前に一度しっかり考えてあげましょう。

そこでまずあげられるのがメス猫の場合の避妊手術になります。
手術というと、やはりかわいそうでなるべく受けさせたくない気持ちもありますが、現実をみて、手術のこともしっかり考えてみましょう。

まず、避妊手術のメリットとしては、第一に上にも記載したように、無計画な子供を産ませないことです。
そして、もう一つは病院の予防にもなるということがあげられます。

この手術では子宮を全て取ってしまうため、、子宮の病気はなくなることになります。
避妊しない場合で、また出産も機会がなかったメス猫の場合には、年を重ねるごとに子宮の病気になる確率があがるといわれています。
そしてなにより、乳腺ガンが年をとった猫に起こりうる悪性腫瘍になり、これは生後2年半以内はな避妊手術を行うことによって発症率がすごい率で下がるということがいわれています。

デメリットはお腹を切るという以外には特にはありませんが、なにがおこるかはわかりませんので100%安心いうには難しいでしょう。
手術の時期としましては生後5,6ヶ月が適正といわれています。
尿を我慢できずに、色々なところにお漏らしをすることがありますが、このような症状も少々ホルモン治療をすることによって改善するので、問題ではありません。
逆に手術が遅くなる場合はというと上であげた、乳腺ガンの可能性も高くなり、子宮疾患の可能性もあります。

よって、適正時期よりも早く手術するのと遅く手術するのとでは、やはり早く手術したほうがメリットは大きいといえるでしょう。
だいたいは一年を目安に、考えてみましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他