キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

一般的な飼い猫の名前

猫を飼いはじめて1番最初にきめるのが、やはり名前ですよね。
名前を決めてあげないことには、名前を呼んであげることすらできません。
やはり、名前を決めてからペットを飼いはじめたんだな。
と実感する方も多くいるのではないでしょうか。

家族で飼いはじめると、やはり誰が名付けるかでもめたり、ああでもない、こうでもないと話し合ったりと、家族の時間を増やしてくれる存在になってくれますよね。
毎日呼んであげていると自分の生を認識しだし、名前を呼ぶと近寄ってきてくれる頃にはますます可愛さが増しますよね。

そんな、大切な名前をみなさんはどうやって決めていますか。

猫の名前は役所などに提出するわけではないので、いつでも変えることができます。
よって、一年など単位で変えることも可能ですが、猫も名前をコロコロと変えられてしまってはいったい何に反応すればよいのかわからなくなってしまいますよね。
日本の猫は、ポチやタマなどカタカナで2~3文字が主流になっているかと思います。
日本といえども、○○子など日本人ならではの名前も、あまり猫には名付けないですよね。

そして長い名前もあまりききませんよね。
やはり、発音しやすく、呼びやすい短くてはっきりした名前が好まれるようです。
では、海外などでの名前はどうなのでしょうか。

アメリカなどでは、ボブやジョンなどが一般的なようです。
短くて一見日本と似た名前のような気がしますが、やはりどこか強さもあるかんじの名前ですよね。
ペット名前は、様々好きなようにつけられるので、家族でそれぞれに好きな名前で呼んでいる。
なんて家庭もあり、自由に呼べるのもいいかもしれませんね。

他にも、太陽のように温かく家族を見守る。
なんて意味でサンとつけたり、由来を大切に名前をつける方も多いようです。

名前は何にしろ、やはり名前をつけて呼んであげることで家族の一員になれ、ますます大切にしていこうとする気持ちが芽生えますよね。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他