キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

全年齢用キャットフード

1.全年齢用キャットフードの特徴

全年齢用キャットフードとは、名前の通り、どの成長段階の猫に与えても良いフードのことを指します。
以下、全年齢用キャットフードの特徴や利点について紹介していきます。

1-1.ライフステージごとに切り替える必要がない
キャットフードは、子猫用や成猫用などのように成長段階別に売られているものもたくさんあります。
しかし、そのようなフードはライフステージが変わるごとに新しいフードに切り替えなくてはいけないため、中には新しいフードを受けつけてくれない猫もいます。
しかし、全年齢用のフードの場合、切り替える必要もなく子猫の時からシニアになるまで、ずっと同じフードを与え続けることができるのです。

1-2.多頭飼いしている場合に便利
全年齢用キャットフードは、子猫と成猫、成猫と老猫などのように、ライフステージが違う猫を多頭飼いしている場合でも、全ての猫に同じフードを与えることができます。
それぞれの猫に合わせたライフステージのフードを買う必要がないのです。
ライフステージ別のフードを与える場合、それぞれの猫に合わせたフードを揃えなくてはいけません。
そのため、コスト的な負担がかかりやすいといったデメリットがあります。
また、フードを与える際は猫によってフードを変えて与えなくてはいけないので、準備にも手間がかかります。
しかし、全年齢用キャットフードだとそのようなデメリットもないため、コストや管理の面でも重宝しやすいといえます。
ただし、ライフステージ別に必要なカロリー数は違うため、それぞれの猫が適切なカロリーを摂取できるようフードの量は必ず猫ごとに調整して与えましょう。

2.全年齢用キャットフードを与える際の注意点

ここまで全年齢用キャットフードの特徴や利点について紹介をしましたが、全年齢用キャットフードを与える場合、注意しておきたい点もいくつかあります。
以下、全年齢用キャットフードを与える際の注意点について説明をいたします。

2-1.細かくケアしたい場合は専用のフードが良いこともある
色々なライフステージに対応している全年齢用キャットフードですが、細かいケアには向いていない場合があります。
多頭飼いで全年齢用キャットフードを与えていても、体調不良や特別にケアが必要な猫が出た場合は、その猫だけ専用のフードに切り替える必要があります。
全ての年齢には対応していますが、全ての病気に対応しているわけではないので、状況に応じて切り替えなくてはいけません。

2-2.値段が高額になる場合もある
全年齢用キャットフードの中には、質を考慮したプレミアムフードも多数存在します。
猫の健康を考えるとできるだけ質の良いフードを与えることが理想的ですが、その分コストも高くなるというデメリットがあります。
少しでも安い価格で質の良いフードを購入する方法として、定期購入の利用や、最安値で販売されているショップをネット上で探すといった方法をとることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細