キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

アレルギーになる可能性のあるキャットフードの原料

1.猫の食物アレルギーについて

猫によっては、特定の原材料が原因で食物アレルギーになることがあります。
猫が食物アレルギーになると、下痢や嘔吐、皮膚が赤くなる、かゆみ、脱毛などの症状が出ます。
このような症状がみられた場合は、動物病院で診察してもらえば薬を処方してもらうことができます。
また、アレルギーの疑いがある場合、血液検査でどの原材料が原因になっているのか、ある程度絞り込むこともできます。
キャットフードを変更してから様子がおかしい場合は、アレルギーの可能性も疑い動物病院に連れて行きましょう。

2.猫が食物アレルギーになる原因となる原料

猫の食物アレルギーの原因はタンパク質です。
ただ、タンパク質はさまざまな原材料に入っているため、どの原材料に入っているタンパク質に反応しているかについて特定する必要があります。
タンパク質といっても肉や魚だけでなく、トウモロコシや小麦、大豆などの穀物類に含まれるタンパク質にアレルギー反応を示す猫もいます。
このように、アレルギーの原因となる原材料は数多くあるのです。
以下、それぞれの原材料について細かく解説していきます。

2-1.穀物
猫は肉食動物のため、動物の肉や魚を消化することは得意です。
また、肉や魚だけで生きていくことができます。
しかし、本来であれば食べる習慣のない穀物は、猫にとって消化が苦手な原材料なのです。
穀物の吸収がうまく行えず、消化不良になってしまうことから、アレルギーを発症する恐れがあります。
もし、穀物が原因でアレルギーになった場合は、穀物を使っていないキャットフードを与えましょう。
「グレインフリー」などと記載されているキャットフードは穀物が不使用なので、安心して与えることができます。

2-2.肉・魚
肉や魚に含まれているタンパク質に反応してアレルギーになる可能性があります。
しかし、タンパク質は猫にとって重要な栄養のひとつなので、タンパク質を全く摂取しないわけにはいきません。
もし、肉や魚が原因でアレルギーを発症した場合は、何の肉や魚に反応しているのか調べましょう。
また、食材の特定が難しい場合は、今までに食べたことのない種類の肉や魚を与えてみましょう。
タンパク質に限らず、初めて食べるものに対してアレルギー反応は出ないため、キャットフードで使用されることが比較的少ないアヒルの肉や鹿肉などを与えるのもおすすめです。

2-3.乳製品・卵
粉末状に加工されたミルクやチーズが入っているキャットフードにより、アレルギーを引き起こす猫もいます。
卵や乳製品は栄養強化のために価格の高いキャットフードにも配合されていることがあります。
なので、乳製品や卵アレルギーを持つ猫にとっては高価なキャットフードであれば何でも安全というわけではないのです。
どのようなキャットフードであっても、アレルギー源となる原材料が入っていないかどうか、必ず確認をしましょう。

2-4.合成添加物
着色料や保存料などの人工的に作られた添加物にアレルギー反応を出す猫もいます。
合成添加物は、例えアレルギー反応を示さなかったとしても、猫のからだにとって良いものではありません。
そのため、できるだけ無添加のキャットフードを与えることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細