キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの原材料(ビートパルプ)

1.ビートパルプとは

ビートパルプとは、砂糖大根という大根から砂糖を除いた副産物です。
ビート(Beet)は砂糖大根、パルプ(Pulp)は繊維のことを意味するため、食物繊維の一種といえます。

2.ビートパルプのメリット

ビートパルプには、可溶性繊維と不溶性食物繊維の2つが入っています。
可溶性繊維は腸内環境を整える善玉菌の増加効果が期待でき、不溶性食物繊維は大腸の働きをサポートし、便の固さや排便をスムーズにする効果を持っています。
便秘気味の猫や、毛玉の排出がスムーズにできず腸内に毛が残っている猫には、これらの食物繊維を摂取することによって消化活動が活発になりからだに良い働きを期待することができるのです。
なので、猫の体質や体調によっては食物繊維の摂取を獣医から勧められることがあります。

3.ビートパルプのデメリット

良い面を持っているビートパルプですが、過剰摂取をしすぎると逆に悪い効果が出ることがあるので要注意です。
猫の体内では食物繊維を吸収することができないため、便として排出しなくてはいけません。
そのため、大量に摂取をしすぎると消化器官に負担をかけることになり、結果として下痢や便秘、嘔吐などの症状を招く危険性があります。
他にもビートパルプの弱点として、産地によって含まれる栄養素が違うという点があります。
そのような実験結果が出ているといった報告が日本甜菜製糖株式会社からされています。
産地によって砂糖大根の育て方は様々で、全てのビートパルプが等しく栄養価が高いとはいえません。
また、砂糖大根から砂糖を抽出する際に使用する硫酸系の薬品が、ビートパルプ内に残っていることがあります。
ビートパルプ内に混じっている薬品を摂取しただけで猫にすぐ大きな害が出ることは考えづらいですが、健康面を考えると良い原材料だとはいえないです。

4.ビートパルプのデメリットが気になる場合の対処法

ビートパルプが含まれるフードを与えてみて、もしスムーズに便が出ていなかったり、便の様子がおかしかったりといった異常が見られたときは、食物繊維の過剰摂取が原因になっている可能性が考えられます。
心配であれば動物病院で診察してもらい、どのようなフードが合っているのか相談することをおすすめします。
また、初めからビートパルプを含まないフードを購入するというのもひとつの手段です。
ビートパルプは、キャットフードに絶対に含まないといけない成分というわけではないので、フードによってはビートパルプ不使用の商品もあります。
気になる場合は、キャットフードを購入する際に原材料の項目をチェックし、ビートパルプの記載がないものを選ぶと良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細