キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードに含まれている添加物で特に気をつけた方が良いものとは

1.安全性が指摘されているものには要注意

キャットフードには添加物を使用しているものがたくさんあります。
添加物の中でも、人工的に作られた人工添加物の中には、安全性が確認されていないものや、健康被害のリスクが指摘されているものもあるのです。
中には、人間の食物には使用禁止となっている添加物が、ペットフードでは使用可能になっていることもあります。
そのため、知らず知らずのうちに危険な添加物が入ったキャットフードを猫に与えている方もいるのです。
猫の健康のためにも、可能であれば添加物が極力入っていないフードを与えることをおすすめします。
また、以下のような添加物が含まれているフードはリスクも高いため、フード選びの際は原材料をよく確認してから購入しましょう。

1-1.エトキシキンについて
エトキシキンはフードの酸化防止剤として使用されることがある人工添加物です。
強力な防腐力を持っており、安価で手に入るため、キャットフードを作って保存するという面だけみれば、非常に優れた添加物ではあります。
しかし、エトキシキンは毒性が強く、人間の食物への使用は禁止されており、農薬として使用することも禁止されています。
エトキシキンの安全性は確認されておらず、アレルギー反応や皮膚病、生殖器へのトラブル、がんの発症などさまざまな健康被害に関係しているのではないかといった指摘がされているのです。
そのため、ペットフードにおいても、エトキシキンの制限値は設定されており、キャットフードの場合は150ppm以下と定められています。
しかし、人間の1日の許容摂取量が1ppmまでと定められているため、人間よりも体の小さい猫のフードにこれだけ多くのエトキシキンが含まれていることに疑問を感じている人も多くいます。
ペットの健康への関心が強くなった現在では、エトキシキンを使用したキャットフードはほぼ見られなくなりました。
それでもなお、「エトキシキンは使用していません」と声高に主張するフードが数多く存在するのは、それだけエトキシキンについて快く思わない消費者が大勢いるということを物語っています。

1-2.BHTとBHAについて
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)とBHA(ブチルヒドロキシアニソール)はどちらも酸化防止剤としてキャットフードに使用されています。
どちらも人間の食材にも使用されている添加物ですが、発がん性のリスクが指摘されており、さらにBHAにおいては肝臓に負担をかけるリスクも指摘されているため、安全な添加物であるとは言い難いです。

1-3.亜硝酸ナトリウムについて
亜硝酸ナトリウムは肉の赤みを鮮やかに見せるための添加物です。
粗悪な肉などを使っている場合、原材料の肉に黒ずみができやすくなるのですが、この黒ずみをなくすのが亜硝酸ナトリウムの役目です。
しかし、亜硝酸ナトリウムは魚や肉などに含まれているアミンという物質とくっつくことによって「ニトロソアミン」という発がん性物質ができるため、からだに害のない物質とはいえません。

1-4.合成着色料について
「赤色〇号」や「青色〇号」といった記載がされているものは人工的に作られた合成着色料です。
キャットフードの見栄えを良くするために使用されている合成着色料ですが、赤色40号や赤色104号、赤色106号などは発がん性があるとの報告もされています。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細