キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの味(ビーフ・ラム)

1.キャットフードにはビーフやラムが使われることもある

キャットフードの原材料を見てみると、ビーフやラムなどといった肉が使用されていることがあります。
キャットフードに使われている原材料として最もメジャーなのはチキンですが、実はビーフやラムにもメリットがあるのです。
今回は、ビーフとラムのそれぞれの特徴について紹介します。

2.ビーフの特徴について

ビーフの場合、他の肉と比較をすると菌がないため、肉食に特化した胃を持つ猫には生のままでも与えることができる食材です。
ビーフにはメリットもデメリットもあるため、どのような特徴があるのか以下の項目で紹介します。

2-1.タンパク質が摂取できる
猫はタンパク質を主なエネルギー源としています。
タンパク質はビーフを含め、動物の肉に豊富に含まれているため、猫の食事に適した食材なのです。
タンパク質は猫のエネルギー源になる以外にも、猫の筋肉や臓器、体毛、皮膚などを構成する役目も持っています。
他にも必須アミノ酸という猫の体内では作り出すことのできない、重要なアミノ酸をタンパク質から得ることもできます。
タンパク質が不足してしまうと、健康が維持できなくなり病気などの原因にもなりかねません。
猫にとって、タンパク質の摂取は非常に重要なことなのです。

2-2.猫の食いつきが良い傾向にある
猫は肉食動物のため、動物の肉を好んで食べる傾向にあります。
猫は食べ物をにおいで判断する性質を持っており、なおかつ自分に必要な栄養が含まれているかどうか判断する能力を持っているといわれています。
そのため、肉のにおいには敏感に反応しやすく、食いつきが良いといった傾向にあります。
キャットフードによっては肉ではなく穀物が使用されているものもありますが、猫は穀物を食べる習慣がありません。
そのため、穀物が使用されているキャットフードよりもビーフを使ったキャットフードの方が猫の口に合いやすいといえるでしょう。

2-3.過剰摂取には注意
ビーフは脂肪分が多いといった特徴を持っています。
食いつきも比較的良くタンパク質も摂取できるため、ついついたくさんあげたくなりますが、量をしっかり調整しないと肥満になる可能性があります。
肥満になりやすい猫やすでに肥満に悩んでいる猫の場合、ビーフを使ったキャットフードはあまりおすすめできません。

3.ラムの特徴について

ラム肉にあまりなじみのないという方も多くいますが、実は猫の食事として与えると良い効果を期待することができます。
ラム肉の特徴について、以下の項目で詳しく紹介します。

3-1.ダイエットや病気予防にもおすすめ
ラム肉にはカルニチンというコレステロールを下げる成分が多く含まれています。
また、ラム肉は低脂肪といった特徴も持っています。
ラム肉を摂取することにより、脂肪が燃焼されやすくなる傾向にあるので、ダイエット中の猫にもおすすめできる原材料なのです。
また、リノール酸やリノレン酸などといった成分も含まれており、これらは心臓病予防や動脈硬化予防にも効果が期待できます。

3-2.アレルギー反応が起きにくい
ラム肉は肉類の中でもアレルギー反応が起きにくいです。
低脂肪で吸収されやすい性質を持っていることが、アレルギー反応が出にくい要因になっているのではといわれています。
アレルギー体質の猫を飼っている場合は、一度食べさせてみる価値はあります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細