キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードを食べさせるときはどこに置く?

1.猫が食事をとるのに適しているのはどこ?

猫にフードを与える際、食事をとる場所についても気にするようにしましょう。
猫は非常にデリケートな生き物なので、同じフードを与えていても場所によっては食いつかなかったり、食欲が低下してしまったりする場合があります。
そのため、以下のような場所で与えることをおすすめします。

1-1.リビング
リビングで食事をとる人が多いように、猫もリビングで食事をとるスタイルがおすすめです。
リビングだと人目につきやすい場所なので、猫が食事をしている様子も観察しやすく、異変があった場合などすぐに気づきやすいといったメリットがあります。
ただし、騒がしいリビングや大勢の人目につくようなリビングの場合、おちついて猫が食事できずストレスになってしまう場合があるので、最初のうちは猫の様子を見ながら与えてみましょう。

1-2.静かな場所や一匹になれる場所
猫は静かな場所を好む傾向にあります。
また、他の猫やペットがいる場合、食事を横取りされる可能性があるため、できるだけ静かな場所で、なおかつ食事を横取りされる心配のない一匹だけの空間を作ってあげることもおすすめです。
騒がしい場所や食事を横取りされる環境だと「早く食べないといけない」と猫が思い、焦って食べる可能性があります。
猫の早食いは血糖値上昇などの原因になるので、糖尿病を抱えている猫などは特に注意が必要です。

1-3.できるだけ無臭な場所
猫はにおいに敏感です。
フード以外の強いにおいがする場所では、おちついて食事ができない場合があります。
そのため、猫に食事を与える場所は可能なかぎり、においがしない場所で与えましょう。

2.猫が食事をとるのに向かない場所

猫が食事の際、好む場所や嫌う環境について紹介しましたが、特に以下のような場所では食事を与えないことをおすすめします。

2-1.キッチン
キッチンでキャットフードを保管している場合、キッチンで用意しそのままキッチンで与えると楽だと考える方もいます。
しかし、キッチンには猫にとって危険がいっぱいある場所です。
包丁やコンロなど、下手をしたら怪我や火傷を負うような道具がありますし、ガラスや陶器の食器が置いてある場合、何かの拍子で割れてしまったら非常に危ないです。
与える時だけ気を付ければいいと思っても、フードを催促したりさがしたりするためにキッチンを荒らしてしまうことがあります。
また、キッチンに危険がなかったとしても、キャットフード以外の食べ物のにおいが気になってしまい、フードよりも別の食べ物の方に行ってしまう場合もあるため、キッチンで食べさせることはあまりおすすめできません。

2-2.屋外
野外で食事をさせることもおすすめできません。
野外にフードを置いていると、外にいる猫なども寄ってきてしまい、フードを横取りされる可能性があるからです。
ただ、外出する習慣がある猫の場合、外で食事をとりたがる場合もあります。
そのような時は、食事中に横取りされていないかどうか飼い主がしっかりと見守ってあげましょう。

2-3.トイレの近く
トイレで食事をとる行為を不快に思う人間がたくさんいるように、猫もトイレの近くで食事をとることを好まない傾向にあります。
人間のトイレは扉で仕切られているため、わざわざそこで猫に食事を与える飼い主は少ないですが、猫用トイレの近くで与える行為はわりとやってしまいがちです。
猫が嫌がらなければ問題ありませんが、においを気にする猫の場合は、なるべくトイレと食事の場所を遠ざけるなどの工夫をしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細