キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

食いつきのいいキャットフードの選び方

1.食いつきの良いフードを選ぶ時のポイント

猫の食いつきが悪くなってしまった時やグルメな猫に対しては、嗜好性の高いフードへ切り替えると、改善されることがあります。
今回は、猫の食いつきを良くするフードを選ぶ時のポイントについて以下、解説をしていきます。

1-1.香りが良い
猫は人間の何倍も鼻が良いため、香りの良い食べ物を好む傾向にあります。
実際にパッケージを開けてみないと香りの良さは確認できないので、サンプルや少量パックのフードなどを使って、香りや猫の食いつき具合を観察すると良いでしょう。
フードによっては、人工的な香料で香りづけをしているものもありますが、猫のからだへの安全性が明確に保証されていないためあまりおすすめできません。
なので、香りの良いフードを選ぶ際は無添加のキャットフードから選ぶと良いです。

1-2.原材料が猫の好みに合っている
キャットフードは商品によって使用されている原材料が様々です。
魚や貝、エビ、カニなどといった魚介系もあれば、チキンやビーフ、ラムなどの動物の肉を使ったものもあります。
どの原材料のフードだと食いつきが良いか、日頃から観察し好みの味を把握しておくことも食いつきの良いフード選びの際役立ちます。
ちなみに、魚や肉ではなく小麦やとうもろこしなどの穀物を使っているフードはあまりおすすめできません。
猫は大腸が短くできているため、ゆっくりと消化をする必要のある穀物はあまり得意ではないのです。
なので、できれば消化性を考慮して、肉や魚を原材料として使用しているフードを選ぶことをおすすめします。

1-3.ウェットタイプは嗜好性が高い
ドライフードよりもウェットフードの方が、嗜好性の高さに優れている傾向にあります。
ウェットフードは、缶詰やパウチなどに素材そのままの風味をパックしているので、本来の猫の食事に味や香りが近いのです。
なので、どのようなドライフードを与えても全く食べない場合は、ウェットフードへの切り替えを検討してみると良いでしょう。

1-4.粒の大きさにも気をつけてみる
粒の大きさによって食いつき具合が変化する猫もいます。
猫によって好みは様々で、大粒を好む猫もいれば小粒を好む猫もいるので、飼っている猫がどのくらいの大きさを好むか、把握しておくことをおすすめします。
また、ヒマラヤンなど猫の種類によっては、独特な食べ方をするため、丸い粒のフードが食べづらい猫もいます。
なので、猫の種類も意識して粒の形を選ぶと良いでしょう。
もし、特殊な食べ方をする種類の猫を飼っている場合は、その種類の猫専用のフードも出ていることがあるので、それを与えることによって改善する可能性があります。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細