キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

血便が出た時のキャットフード

1.血便の原因

血便が出る場合、体内のどこかで出血しているために、それが便に混じって出てきていることが考えられます。
病状によっては命にかかわる危険性があるので、血便が出た時は放置せず、なるべく早急に動物病院に連れていきましょう。
また、血便の色によってどこから出血をしているのか、大まかですが判断することができます。

1-1.便に真っ赤な鮮血が混じっている場合
鮮血が便に混じっている時は、大腸から肛門にかけてのどこかで出血していることが考えられるので要注意です。
例えば、大腸炎で大腸に炎症が起きている時や、大腸にポリープやガンができている時は血便が出ることがあります。
また、鉤虫という寄生虫が体内で噛みついて出血する「鉤虫症」にかかっている時もこのような便が出ます。
他にも、異物を飲み込んでしまって大腸を傷つけてしまった時なども、鮮血まじりの便が出ることがあるのです。

1-2.便が黒っぽい場合
便全体が黒っぽい場合は、口から小腸にかけてのどこかで出血している可能性があります。
小腸に腫瘍ができている場合や、胃潰瘍などにかかっている場合に黒い便が出ることがあり、鮮血の混じった便とは違い、よく便を見ておかないと見逃しやすいです。
トイレ掃除の際は、いつもの便より色が黒くなっていないかどうかチェックしておきましょう。

2.血便が出た時のキャットフード選びについて

病状によって対策用のフードは変わります。
例えば口内に傷があるために便に血が混ざる場合は、口内に傷がつきづらい突起のないフードに切り替えることを病院でおすすめされることがあります。
他にもアレルギーによって血便になっていることがあるので、そのような場合はアレルギーの原因となっている材料が含まれないフードへ切り替えをすると良いです。
アレルギーの原因となっている原材料は猫によって違いますが、アレルギー反応が起きやすい穀物を全てカットしたグレインフリーのフードを使用するという方法もあります。
他にも、痔のために血便が出る場合は、便を排せつしやすくするために脂質の多いフードへの変更をおすすめされることがあります。
肉や魚などをメインに使った脂質のとれる食事へ変更すると改善されることもあるのです。
また、どのような血便が出た場合でも、自己判断で食事を変えることはせず、まずは動物病院で診察してもらい、その上で獣医さんに食事の指示を仰ぎましょう。
血便が出ているということは、体のどこかが不調を起こしている証拠です。
自然回復を待っていると、とりかえしがつかなくなることもあるので、必ず病院で適切な治療を受けさせて下さい。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細