キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

体臭をおさえるキャットフード

1.猫の体臭がにおう時の原因

基本的に猫はとてもきれい好きで、こまめにグルーミング(毛づくろい)を行うため、体臭がほとんどしない生き物です。
元々、狩りをする習性があるので、できるだけ自分の気配を消すために、においがしないとも言われています。
また、日向ぼっこをすることが好きなので、干したてのお布団のような良い匂いがする猫もいます。
しかし、それにも関わらず猫の体臭が気になる場合、糞尿が臭っている可能性があります。
猫自体は良いにおいでも、糞尿は臭うものです。
特に、お腹を壊して下痢をしている時や腸内環境が悪化している場合、便臭が強くなる傾向にあります。
そして、それが毛や肛門周りについてしまうと猫から臭さを感じてしまうのです。
また、歯周病などで口臭がきつくなっている時にグルーミングをして体全体が臭うケースや、しっぽの付け根などにあるアポクリン腺というところからフェロモンのような汗をかくことによって臭うケースもあるのです。
他にも、病気や怪我で安静にしなくてはいけない時に、グルーミングをすることができず汚れがたまってしまい、体臭がすることもあります。
猫自体ではなくトイレが臭う等の場合は掃除をこまめに行えば解消します。
ですが、猫から臭いがする場合は、何かしらの体調不良を起こしている可能性があるので、糞尿や口臭の状態等をチェックしてみましょう。

2.体臭対策向けのフードについて

猫の体臭を取り除くにはシャンプーが効果的です。
何らかの理由でグルーミングができない猫に対しては、それで体臭改善できます。
しかし、体内から臭っている場合、胃腸や口臭などの根本的な原因を解消しなければ、体臭改善はできません。
例えば、便が臭う場合、フードに問題を抱えている可能性があります。
ウェットフードやおやつばかりの食生活を送っていると、便臭がきつくなることがあるのです。
また、栄養に偏りがある食事を続けている場合も、腸内環境が悪くなり、便が臭う原因になります。
そのような時は、質の良いフードに切り替えることをおすすめします。
質の良いフードを選ぶポイントとしては、肉や魚をメインに使用しているものを選ぶとよいです。
安物のキャットフードだと、かさ増しのために、肉や魚ではなく、穀物を多く使用しているフードがありますが、猫は元々肉食動物なので、穀物を消化するのは少々苦手です。
値段が少し上がる可能性はありますが、猫の健康のために、グレインフリー(穀物不使用)のフードを選ぶと、便臭対策に期待することができます。
また、口臭がする場合、歯周病が原因で臭っている場合は病院で診てもらう必要があります。
しかし、歯垢が原因であれば、歯垢除去の効果があるフードを使うと、改善されることがあるのでおすすめです。
猫の歯とフードが擦れ、歯垢がとれる仕組みになっているので、通常のドライフードを与えていて口臭がひどい場合は、このタイプのフードに変えてみるのもひとつの方法です。
それでも体臭がきつい場合や、他に気になる症状がある場合は、別の病気にかかっている可能性も考えられるので、猫の様子をよく観察し、少しでもおかしいと思ったら、動物病院に連れていきましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細