キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

発がん性物質の含まれるキャットフード

1.発がん性が指摘されている添加物

キャットフードには長期間保存を可能にしたり、色味を良くしたり、香りをつけたり等の加工をしているものが数多くあります。
中には発がん性のリスクが指摘されているものもあり、猫の健康に良くないものが混じっていることもあるのです。
キャットフードを選ぶ際は、発がん性リスクのある添加物が入っていないかどうか、原材料を確認した上で購入するようにしましょう。
また、添加物などが一切入っていない安全なキャットフードを与えたい場合は、無添加と記載されているフードを与えるのもおすすめです。
以下、発がん性リスクが指摘されている添加物について詳細を紹介します。

1-1.エトキシキン
エトキシキンはフードの酸化防止剤として使用されていた合成添加物です。
植物などの天然素材から作られる酸化防止剤よりも安価で手に入り、威力が強いことからメーカーが好んで使っていました。
ただ、エトキシキンは発がん性の他にも、アレルギー反応などの健康被害についてもリスクが指摘されている添加物です。
その危険度から、人間の食べ物についてはエトキシキンの使用が禁じられており、農薬への使用も禁じられています。
しかし、家畜やペットのフードには使用が認められており、キャットフードについては150ppmまでだったら使用しても良いと決められているため、エトキシキンを使用するフードが多く出回っていたのです。
現在では、ペットフードの品質へ消費者の意識が高まったことにより、エトキシキンを使用したフードはほとんど見られなくなりました。
ただし、フードに直接使用していなければ、原材料を保存するためにエトキシキンを使用していても原材料欄に表示する義務はないので、フードに微量のエトキシキンが残留している可能性があります。
その場合でも、残留するのは本当にごくわずかなので猫の健康に影響はありません。

1-2.BHT
BHTはジブチルヒドロキシトルエンの略で、酸化防止剤として使用されている添加物です。
キャットフードの他にも、魚介冷凍品やガム、バター、マーガリンなど人間の食べ物にも使用されており、非常に便利な添加物ではありますが、リスクも指摘されています。
過去に日本で行われた実験では皮膚炎やアレルギー反応、体重低下、脱毛などの問題も指摘され、発がん性以外にもさまざまなリスクを抱える添加物です。

1-3.BHA
BHAはブチルヒドロキシアニソールの略で、こちらもBHTと同じく、酸化防止剤として使用されています。
BHAも発がん性の他に、歩行困難や消化管の出血・肝臓トラブルなどがといったリスクがあるのではないかと指摘されています。

1-4.亜硝酸ナトリウム
亜硝酸ナトリウムは、肉の赤みを綺麗に見せる効果がある添加物です。
ハムやソーセージなど、人間の食べ物にも使用されており、亜硝酸ナトリウム自体には毒性は確認されていません。
しかし、肉や魚に含まれているアミンという物質と合わさることにより、ニトロソアミンという発がん性物質に変化する性質を持っています。

1-5.合成着色料
合成着色料とは、人工的に作られた着色料のことです。
「赤色〇号」や「青色〇号」などといった記載がされており、人間の食べ物にも一部使用されています。
しかし、赤色40号や赤色104号、赤色106号など、特定の着色料においては、発がん性があるとの指摘がされています。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細