キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

激安キャットフードの危険性

1.激安キャットフードの特徴

キャットフードの中には1kg数百円といった激安で売られているものが存在します。
しかし、何も知らずに激安のキャットフードを食べさせていると、猫の健康を崩すことになりかねないので注意が必要です。
そもそも、激安で売っているということはそれなりの理由があるのです。
以下、激安キャットフードの特徴について紹介します。

1-1.穀物でかさ増しをしている
猫は肉食動物なので、本来であれば肉や魚をメインに使っているフードを与えるのが好ましいです。
しかし、そうなるとフードを安い価格で提供することが難しくなり売れ行きが期待できないため、コスト削減のために穀物を使用しているフードが多くあります。
しかし、トウモロコシや小麦、大麦、米、玄米などといった穀物は、猫にとってあまり消化性が良くなく、下痢や嘔吐、アレルギーの原因になることがあるのです。
そういったリスクを回避するためにも、できるだけ穀物が使用されていないフードをおすすめします。

1-2.質の悪い肉や魚を使っている
キャットフードの中には、質が非常に悪い肉や魚を使っていることがあります。
ミートミールなどといった、肉のくずを集めて作ったものを原材料として使っていることもあり、人間の食用としては使われない 部位が入っていることもあります。
そういった肉や魚は、質も劣るので低コストで仕入れることができるため、安い価格で販売ができるのです。

1-3.着色料や添加物を使用している
先述したように、激安キャットフードは質の悪い原材料を使用していることが多いため、見栄えや保存期間の長さを良くするために着色料や添加物で加工することがあります。
しかし、着色料や添加物の中には、発がん性のリスクを指摘されているものがあります。
ペットフード安全法で規制がされているので最低限の安全は守られているものの、長年そのようなフードを食べ続けると健康を維持できなくなる可能性があります。

2.安くても安全なフードを選ぶコツ

安いフードの中にも、質の良いものを使っているフードはあります。
フードの安全性を見抜くには、上記に挙げた特徴がないフードを選ぶと良いです。
主な原材料が質の良い肉や魚で、着色料や添加物ができるだけ使用されていないフードを選びましょう。
また、元値が高いフードでも、お店によってはセールになっていたり、定期購入で割引がきいたりする商品もあります。
そういったフードを狙って購入するのもおすすめの方法です。
安いからという理由だけで飛びつかず、何が使用されているのか、細かく確認した上で猫に与えるようにしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細