キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの味(チキン)

1.チキンを使っているキャットフードのメリット

キャットフードは、お肉や魚、穀物など商品によって使われている原材料は様々です。
しかし、その中でも最もポピュラーに使われている素材はチキンといってよいでしょう。
猫にチキンを与えるには様々なメリットがあります。

1-1.猫が好みやすい
肉食動物である猫は、本来であれば鳥などを捕まえて食べます。
そのため、鶏肉の味は猫にとって本能的に好みやすい味なのです。
猫は自分に必要な栄養があるかどうか、においによって食べ物を判断することができます。
チキンには猫に必要であるタンパク質がたくさん詰まっているので、そういった観点から考えても猫が好んで食べやすい食材だといえるでしょう。

1-2.タンパク質がとれる
先述したように、チキンにはタンパク質が詰まっています。
猫にとってタンパク質は必要不可欠な栄養のひとつで、猫のエネルギー源になったり、猫のからだをつくったりするのに欠かせない存在です。

1-3.健康を維持しやすくなる
キャットフードの中にはチキンではなく、穀物をメインに使用している商品も出ています。
しかし、キャットフードに穀物を使用するのは猫の健康のためではなく、コストダウンのために使用しているのです。
猫は穀物の消化が苦手な胃腸を持っているため、消化不良を起こしたり、穀物に含まれている炭水化物によって肥満になったりすることがあります。
チキンをメインに使ったフードの場合はそのようなリスクも減り、猫本来の食事に近いものを与えられているため、からだにも優しく健康を維持しやすいのです。

2.チキンとターキーの違いは何?

チキンと似たような肉で、ターキーを使っているキャットフードも存在します。
しかし、チキンとターキーは別物で、チキンは鶏の肉のことを指し、ターキーは七面鳥の肉のことを指します。
ターキーは、アレルギー反応が出づらかったり、ミネラルが豊富だったり、脂肪が少なく肥満猫にもおすすめだったりなど、チキンとはまた違ったメリットを持つ肉です。
ただし、味についてはチキンよりも少し癖があり独特なにおいもしやすいため、猫によっては好き嫌いが分かれる場合があります。

3.チキンにもデメリットがある

猫の嗜好に合いやすく、タンパク質も豊富なチキンですが、猫によってはチキンに含まれているタンパク質にアレルギー反応を起こす場合があります。
そのような場合はチキン以外のものを使用したフードを与える必要があるので、チキン入りのフードを食べて様子がおかしい場合はすぐに動物病院に連れていき、獣医さんに相談しましょう。
また、チキンは穀物メインのキャットフードと比較をすると、においが強いといった特徴があります。
人工香料を使っていないものやチキンが多く含まれているものにおいては、特ににおいが強くなりやすいのです。
しかし、そのようなフードの方が猫のからだには良いので、においが強いからといって一概に悪いとはいえません。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細