キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

おいしそうな色のついているキャットフードには注意

1.色をつける着色料は危険!?

キャットフードを見ていると、お肉の色がそのまま反映されているような鮮やかな赤色をしたフードや、野菜の色がにじみ出ているような緑色のフードなどを見かけることができます。
色がついていると見た目が良いため、思わず手にしたくなる傾向にありますが、フードに色をつけている着色料の種類によっては猫にとって良くない物質が混ざっているため、そのようなフードはおすすめすることができません。
以下、健康被害のリスクが指摘されている着色料について紹介します。

1-1.赤系の着色料
「赤色〇号」といった表示がされている赤系の着色料の中でも、赤色40号や赤色104号、赤色106号などは発がん性があるとの指摘がされています。
他にも、赤色2号は蕁麻疹の可能性、赤色3号だと赤血球やヘモグロビンへの悪影響などが指摘されており、安全な材料とは言い難いです。

1-2.黄色系の着色料
黄色系の着色料は「黄色〇号」といった記載で原材料の項目に表示されています。
中でも、黄色4号は安息香酸ナトリウムという添加物と一緒に摂取してしまうと、注意欠陥や多動性障害などのトラブルが出るとの意見もあり、安全性についてしっかりと確認がとれていない状態です。

1-3.青系の着色料
青色系の着色料の場合、「青色〇号」という記載がされています。
日本では青色1号と青色2号の使用が許可されていますが、青色2号においては一部で発がん性のリスクを指摘する声もあり、安全性が確認されていません。

2.なぜキャットフードに色をつけるの?

キャットフードに色をつける理由はフードの見栄えを良くし、飼い主の購買意欲を高めるためです。
また、お肉や野菜の色がついていたほうが、原材料をイメージしやすくからだに良さそうな印象を与えることができます。
しかし、キャットフードの場合、原材料の色が色鮮やかに反映されることはありません。
特にドライフードの場合、原材料にお肉や野菜、魚を使っていても、その色がそのままフードに出ることはなく、加工する過程で、茶色のフードになります。
つまり、色鮮やかでおいしそうな色味がついているものほど、着色料が使用されているということになります。

3.猫はフードの色を識別できていない

おいしそうな見た目を重要視して作っているメーカーも数多くいますが、肝心のフードを食べる猫自身は、その色を正確に識別できていないといわれています。
特に、赤色に関しては識別ができていないのではないかといわれているため、お肉のような赤い着色のフードも猫にとっては意味がないのです。
そもそも、猫は色ではなくにおいによって、食べ物を判断します。
そのため、地味な色をしているフードでもにおいが良ければ、食いつきも良いのです。

4.着色料のないフードを与えるのが安心

以上のことから、猫には着色料を使用していないフードを与えた方が安心といえます。
キャットフードの中には着色料不要を謳っているものも存在するので、そのようなフードを選んで与えると良いでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細