キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

猫が便秘になったときのキャットフード与え方

1.猫は1日1~2回ほど便をする

猫は健康であれば、1日に1~2回ほど排便を行い、これよりも少ない頻繁で便をする場合は便秘に該当します。
体質や生活環境などによっては便秘になりやすい猫もいるので、便がきちんと出ているかどうか常にチェックが必要です。
もし、丸1日便をしなかった場合は、その後排便をするかよく観察をしておき、3日目に突入しても便が出ない場合は早急に動物病院へ連れて行きましょう。

2.猫が便秘になる原因

猫が便秘になる原因はいくつかあります。

2-1.偏った食事
猫の胃腸は穀物類の消化が苦手です。
そのため、穀物類を多く使用したフードを与えている場合、消化不良で便秘を起こす可能性があります。
また、食事の際に水分補給をしていないと水分不足になってしまい、便秘を引き起こす可能性もあります。

2-2.排便時に痛みがある
痔になっていたり異物を飲み込んで腸が詰まっていたりすると、排便時に痛みを覚えることがあります。
排便時に痛みを感じることを嫌がる猫が排便をぎりぎりまで我慢してしまい、便秘になってしまうケースもあるのです。

2-3.ストレスがある
猫は環境の変化に敏感な生き物です。
トイレが汚れている、新居に引っ越しをした、部屋の模様替えをしたなど、住む環境に変化があった場合猫がストレスを感じてしまい、そこから便秘になってしまう場合があります。

2-4.運動不足
よく運動をする猫の場合、腹筋が鍛えられるため排便時に力むパワーも強くなります。
しかし、運動不足で腹筋が鍛えられていない場合、筋力が足りずに踏ん張る力が弱くなり、便秘になる場合があります。

3.猫が便秘をしている時のフードについて

猫が便秘をしている時は食事の改善を行うことによって、解決することがあります。
便秘をしている場合、様子がおかしければすぐに動物病院へ連れて行き、食事の改善について相談をしましょう。
また、もともと便秘しやすい体質の猫の場合は、以下のような対策をとるのがおすすめです。

3-1.油分の多い食事を与える
油分を摂取することによって、排便時に便のすべりが良くなり、便秘解消に繋がる場合があります。
油分を摂取させたい場合は、フードを与える際にスプーン一杯程度のオリーブオイルを混ぜることをおすすめします。
また、毛玉を除去する猫用のペーストにも同じような効果があるため、オリーブオイルが苦手な猫には毛玉除去用ペーストを与えてみるのもおすすめです。

3-2.水分を多く取らせる
水分を多く摂取することも便秘解消に繋がりやすいです。
ドライフードを食べる際に水をあまり飲まない猫の場合は、水分補給のためにウェットフードを食べさせたり、ドライフードを水でふやかしたりなどの対策をとりましょう。

3-3.便秘解消用のフードを与える
獣医さんに相談した上で、便秘解消用のフードを与える方法もおすすめです。
便秘解消用のフードには可溶性繊維という便を柔らかくする効果のある成分が含まれているので、もし日頃から便秘に悩んでいる場合は動物病院に行き、便秘解消用のフードへ切り替えても良いか相談をしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細