キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの内容量

1.ドライフードの内容量

ドライフードは小さいサイズのもので1~5kg、大きいサイズのもので7~9kg入っているのが一般的です。

また製品によっては、小分けにしてパッケージされているフードもあります。
小分けの仕方にも種類があり、一食分(約20g)×12袋分のように詰めてある製品もあれば、4~5つの風味の違うフードをそれぞれ200gずつ小分けにしている製品など様々です。

またドライフードの場合、内容量の表記については、kg(キログラム)、g(グラム)、ml(ミリリットル)、L(リットル)で記載されています。

2.ウェットフードの内容量

ウェットフードの場合、缶詰に入っているものだと40~160g、レトルトだと40~70gが一般的です。
またおやつ用として売られているものは、ひとつにつき3~14g程度の量で小分けにしている製品もあります。

ウェットフードの場合、総合栄養食(メインとなるごはん)ではなく、おやつや副食として与えるフードの方が、種類が多いです。
なので、ドライフードと比較すると内容量も少ないのです。
総合栄養食ではないウェットフードを与えすぎてしまうと、栄養が偏ってしまいます。猫の肥満や病気に繋がってしまう可能性もあるので、与えすぎにはくれぐれも注意しましょう。

3.結局どの内容量を買えば良いの?

飼い猫のライフスタイルや体重、趣向によって、どの内容量が適しているか考える必要があります。

例えばドライフードだったら、一食分ごとに小分けにされているフードを利用すれば、一回にどれだけの量の食事をとったか把握することができます。なので、ダイエット中の猫など、細かく食事管理をしたい場合におすすめです。

グルメな猫の場合は、風味の違うフードがそれぞれパッケージされているものを利用すれば、猫がひとつの味に飽きてしまった際に、すぐ切り替えることができます。

多頭飼いしている場合は、大袋に入ったパッケージでも、余ることなく使い切りやすいですし、コストパフォーマンスの良い製品も売っているのでお財布にも優しく便利です。

また猫の成長段階や体重によって、一回に与えるフードの量は違ってきます。
各メーカーのホームページや商品には、体重別ごとや成長段階ごとの「一回に与える適切な量」が記載されています。それを参考にしながら、自分の飼い猫の場合は、一回にどれくらい与えるべきかを把握し、賞味期限内に食べきれるサイズのフードを与えましょう。

キャットフードには、必ず内容量を記載することが義務付けられていますので、購入前に一度内容量を確認することをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他