キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

フケ予防用キャットフード

1.そもそもフケとは?

猫のフケが発生することは、珍しい現象ではありません。
そもそもフケとは、古くなった皮膚が新陳代謝によって乾燥し、剥がれたもののことを指します。
フケが発生すること自体は病気などではなく、自然な現象です。
しかし、あまりにフケの量が多い場合は、病気や体調不良の可能性が考えられるので注意しましょう。

2.猫のフケが出る原因

猫のフケが発生する原因は複数あります。
以下、原因についてひとつずつ紹介していきます。

2-1.シャンプーが残っている
シャンプーの洗い残しがあるために、フケが発生することがあります。
猫によってはシャンプーを嫌がる場合があるので、ついつい手短に終わらせたくなります。
しかし、急いで洗うとシャンプーをすすぎ残してしまう可能性があります。
猫をシャンプーするときは洗い残しがないか、しっかり確認しましょう。
また、シャンプー後にドライヤーをする際も要注意です。
犬に比べて猫の毛は乾きづらい傾向にあるため、乾燥をしっかり行わず、生乾きの状態で終わらせてしまうと、それが原因でフケが発生することもあるのです。

2-2.病気にかかっている
病気が原因でフケが発生するケースもあります。
例えば、ツメダニというダニによって皮膚が赤くなるツメダニ症では症状のひとつとしてフケの発生があります。
他にも、皮膚の荒れや脱毛が現れる好酸球性肉芽腫症候群や、強い日光に当たった場合に起こる日光皮膚炎にかかると、フケが発生することがあります。
フケが出る以外にも皮膚の異常が見られた場合は、動物病院に連れていきましょう。

2-3.水分不足で乾燥している
部屋が乾燥している、日光に当たりすぎているなどの環境条件によって、猫のフケが発生することがあります。
また夏よりも冬の方が乾燥しているため、冬の間はフケが発生しやすくなる猫もいます。
この場合は、乾燥を防ぐためになるべく水分を摂取させてあげることを心がけましょう。
水をあまり飲まない場合は、ウェットフードを食べさせるなどして対応すると良いです。

2-4.栄養が不足している
質の悪いフードを食べている場合や、バランスの悪い食生活を送っていたために、フケが出ることがあります。
猫の食事についてあまり深く考えずに与えていた場合は、猫の健康のためにも一度見直しをしましょう
2-5.ストレスがある
猫はストレスに対して敏感な生き物です。
ストレスが原因でフケが出ることもありますし、皮膚が荒れたり体調不良を起こしたりする場合もあります。
その場合はストレスの原因を追究し、解消してあげることが解決へと繋がります。

3.猫のフケをフードで予防するには

病気が原因の場合は治療をしないと、根本的な解決はできませんが、栄養不足などはフードで予防することが可能です。
キャットフードの中には、皮膚や被毛の健康に特化したものが出ています。
毛艶を良くする効果がある商品や、アレルギー反応が出にくい皮膚にやさしい原材料を使用した商品など、色々なフードが出ていますので、猫に合ったフードを選ぶと良いでしょう。
また、日頃から質の良いキャットフードを食べている場合、体調が改善して皮膚が健康的になることがあるので、そのようなフードに切り替えることも、フケを防ぐ方法のひとつです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細