キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの味(鹿・猪・豚・バイソン・馬)

1.キャットフードの肉には種類がある

キャットフードに使われている肉にはいくつかの種類があります。
また、キャットフードの場合チキンやビーフなどといった原材料が使用されることが多いですが、鹿や猪、豚、バイソン、馬などといった肉を使用しているキャットフードも存在します。
これらの肉は味や性質がどれも異なるため、このページではそれぞれの肉の特徴について紹介します。

1-1.鹿の肉について
鹿肉は文字通り、鹿の肉のことをいいます。
鹿の肉にはタンパク質や鉄分、ミネラルなどが多く含まれており、低カロリーなので肥満猫にもおすすめの原材料です。
また、効率良く栄養を取りたい場合にもおすすめできる原材料といえます。

1-2.猪やバイソンの肉について
猪肉やバイソンの肉を使ったキャットフードはメジャーではありません。
しかし、どちらの肉も低カロリーで脂肪分が少ないので、肥満防止に効果が期待できます。
特に、猪肉の場合はたんぱく質やビタミンB群などの栄養が豊富に含まれており、疲労回復の効果も持っています。

1-3.豚の肉について
豚肉にはビタミンB群が多く含まれており、疲労回復や貧血の予防に効果があります。
ただし、豚肉は鹿肉や猪肉よりも入手しやすく安価で手に入れることができるため、猫に豚肉をあげる方も少なくないですが、猫によってはアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるため、注意が必要です。
また、豚肉を使ったキャットフードではなく、スーパーなどで買ってきた豚肉をあげる場合は、生の状態で与えるのではなく、しっかりと加熱された状態で食べさせるようにしましょう。
特に、生の豚肉は他の肉に比べて「トキソプラズマ症」という病気に感染するリスクが高いです。
免疫力が弱っている時にトキソプラズマ症に感染すると、食欲減退や発熱、嘔吐、下痢などの症状が出る可能性があります。

1-4.馬の肉について
キャットフードには馬肉を使用したものも存在し、中には猫用の馬肉を生のまま販売しているものもあります。
馬肉は低カロリーでありながら、たんぱく質が豊富に含まれており、ミネラルやビタミンなどもたくさん摂取することができます。

2.生肉を猫にあげてもいいもの?

生肉には、市販のキャットフードでは取れない栄養も含まれています。
ただし、肉の種類によっては生肉に寄生虫などが潜んでいることがあり、寄生虫のついている肉を食べたことによって感染症にかかる可能性があります。
しかも、生肉が原因で感染症にかかってしまうと、猫同士で感染してしまう可能性や人間に感染してしまう可能性もあり、非常に危険です。
なので、猫に生肉をあげたい場合は猫用の生肉として販売されているものをあげるようにしましょう。
人間の食用として販売されている肉を与える場合は、基本的に加熱してから与えることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細