キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードは劣化するとまずくなる

1.劣化したキャットフードの特徴

長期間キャットフードをお皿の上に出しっぱなしにしていたり、給餌の際に空気に触れる時間が長かったりすると、フードはどんどん酸化していきます。
酸化したフードは味や食感、においが低下し、まずくなってしまう可能性があります。
猫によっては、劣化したフードを与えても嗜好性が低いために口をつけなかったり、食べ残したりする場合があるため、劣化しない保管方法が必要です。
まずは、具体的にどのような点でフードが劣化するのか、以下の項目で紹介します。

1-1.味に変化が起きる
商品にもよりますが、劣化したフードは苦味や酸味などが強くなる傾向にあります。
猫は、本能的に腐った肉を判断するために苦味を嫌う習性を持っているため、味にこだわりを持つ猫に劣化したキャットフードを与えても食べてもらえないことがあります。

1-2.食感に変化が起きる
劣化したドライフードは表面がベタベタと油っぽくなります。
また、湿気を含んでいるドライフードは表面の油っぽさに加えて、柔らかくなっている場合があります。
ウェットフードの場合は、劣化するとパサパサとした食感に変わっていきます。
新鮮なウェットフードは水分を多く含んでいますが、劣化することによりフードが乾燥してパサパサとした食感に変化します。

1-3.においに変化が起きる
キャットフードが酸化すると徐々ににおいが薄まっていきます。
猫はまずにおいで食事の良し悪しを判断するため、においの強いフードよりもにおいの弱いフードの方が当然嗜好性の面で劣ります。

2.キャットフードが劣化しないための対策

キャットフードの劣化を防ぐには、空気に触れさせないことが重要です。
ドライフードの場合は、元々入っていたパッケージに入れて保管すると給餌の度にフードが空気に触れることになり、酸化が進行しやすくなります。
そのため、一度開封をしたら密閉できる容器に袋の中身を全て移し替えましょう。
完全な密閉が難しい容器に入れる場合は、除湿剤や脱酸素剤を入れておくことをおすすめします。
また、ウェットフードの場合は基本的に一度開封をしてしまうと長持ちしません。
そのため、開封した分はできるだけ一回の食事で完食をすることが大前提です。
どうしても食べ残しが発生してしまった場合は、24時間以内であれば再度与えることが可能です。
ただし、食べ残しをお皿に開けたまま放置してしまうと、あっという間に酸化が進んでしまいます。
そのため、食べ残しはすぐにラップで包み、冷凍庫に入れた上で保管することを徹底することを徹底しましょう。
そして、再度与える際は自然解凍をした上で与えるようにしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細