キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

糖尿病用キャットフード

1.猫の糖尿病について

人間同様、猫も糖尿病にかかることがあります。
糖尿病は、症状が進行すると、命をおとす危険性があります。
しかし、治療や食事改善で病気の進行を止められることがあるのです。
まずは、猫の糖尿病について、以下説明をしていきます。

1-1.糖尿病とはどんな病気?
人間もそうですが、猫の体内にはインスリンという血糖値を下げる働きをもつホルモンが存在します。
しかし、糖尿病にかかると、すい臓から送られてくるインスリンの減少や、インスリンがうまく作用しない等の障害が起きます。
インスリンは血液から細胞内へ糖を送ることで血糖値を下げるのですが、このような状態になると、糖が血液内に残り、高血糖となります。
高血糖が長期間続くと、深刻な脱水症状や消化器系の不調となってあらわれ、命に関わることもあるのです。

1-2.原因について
猫が糖尿病にかかる原因はいくつかあり、ストレスや肥満、投薬による影響、すい臓の病気、運動量の低下、内分泌機能の低下等が挙げられます。
原因がはっきり解明できない場合もあり、複数の原因が重なって、糖尿病になることもあります。

1-3.糖尿病にかかったらどのような症状が出る?
猫が糖尿病にかかると、多飲多尿になる、ごはんを必要以上に欲しがる、しっかり食べているはずなのに痩せる等といった行動が出やすくなります。
また、末期状態になると白内障や急激な減量、ふらふら歩く、目の白濁、元気がなくなる、体の一部が麻痺する等といった状態になることがあります。

2.猫の糖尿病に効果的なフード

食事療法は、糖尿病を完治させるものではありませんが、これを行うことによって、状態の悪化を防ぐ効果があります。
飼い猫が糖尿病にかかった場合、まずは獣医さんの指示を仰いだ上で、フードの変更をしましょう。
食事療法を行う場合、血糖値の大きな変動をなくすことが大きな目的となります。
そのため、血糖値が上がりにくい大麦を使ったフードや、食物繊維やタンパク質を多く含んだフード、肥満猫用の低カロリーフードを病院で勧められる場合が多いです。
また、上記の特徴を備えた、猫の糖尿病用フードも出ています。
ちなみに、血糖値の変動が大きく出やすい食べ物の代表として、じゃがいも、にんじんなどが挙げられます。
フードを選ぶ際は、どんな原材料が使われているのか細かくチェックすることをおすすめします。
場合によっては食事療法だけでなく、運動療法やインスリン投与の指示をもらうこともあるので、食事療法と一緒に行うと、大きな改善効果を発揮することもあります。
猫が摂取するカロリー量を計算しながら、糖尿病改善に向けて、対策をしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細