キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードは高価なものの方が安心か?

1.高価なキャットフードが安心できる理由

基本的に安価なキャットフードよりも、高価なキャットフード方が使用されている材料の質が良く、品質管理などの面でも安心できるといった傾向にあります。
具体的にどのような点において安心できるのか、高価なキャットフードの良い点について以下紹介します。

1-1.穀物や質の低い肉・魚が使われていない
高価なキャットフードは、肉や魚を多く使用していることが多いです。
あまりコストをかけられない場合、かさ増しとして穀物を使用したり、人間が食べない部位の肉や魚を使ったりして、コストダウンを図ることが一般的です。
しかし、猫が穀物を多く摂取した場合、消化不良になる可能性があります。
また、質の低い肉や魚はどの部位を使っているのか詳細な記載がないことがあるので、信頼性に欠けます。
逆に、使用している原材料にこだわりや自信がありコストをかけている場合、「穀物不使用」や「○○産の高級肉使用」などと書かれていることが多いです。

1-2.添加物が少ない
質の低い材料で作っている場合、添加物を使用してフードを長期間保存できるようにしたり、見栄えを良く見せたりといった工夫をしています。
しかし、添加物の中には発がん性が指摘されているものや、安全性が確認されていないものもあるのです。
このような添加物を使用せず作っているフードには「無添加」といった表示がされており、天然のものだけで出来ているので、その分価格も高額になるのです。

2.高価なキャットフードを与える時の注意点

高価なキャットフードは基本的にメリットが多いのですが、いくつか注意して覚えておきたい点が複数あります。
高価なキャットフードを利用する際は以下の点に気をつけましょう。

2-1.マイナーな食材が使用されていることがある
キャットフードの中には、材料にこだわっているために、食材としてはあまり親しみがないものを使用していることがあります。
例えば、ウコンやマルベリーなどといったスーパーフードを使用していることがあります。
もちろん、栄養面のことを考えて配合されている材料ではありますが、猫によっては合わないと感じることがあります。
健康に良さそうなものが入っているからといって、猫が喜んで食べてくれるかというと、そうではないのです。
せっかく高価なフードを買ったのに食いつきが悪かったということもあり得るので、高価なフードに切り替える時は猫の好みの味を考慮すると良いでしょう。

2-2.高タンパクな食事が猫に合わないこともある
高価なキャットフードは、高タンパクな肉や魚が多く使用されている傾向にあります。
基本的に、健康な猫は高タンパクな食事の方が良いのですが、腎臓が弱っている猫などは、負担をかけない低タンパクの食事を病院から勧められることがあります。
そのような時は、高タンパクなフードを無理して食べさせることはせず、病院で勧められたフードや、低タンパクのフードへ切り替えをしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細