キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

目やに予防用キャットフード

1.目やにはどうして出るの?

目やにとは、目に入ってしまったゴミなどを老廃物として排出するために、粘膜と一緒に目頭から排出されるものです。
猫が起きた後などに、少し目やにが付着している程度でしたら問題ないのですが、目やにの量が多い時は何かの病気になっている可能性があります。

2.目やにが多い場合に考えられる病気について

目やにの他に、以下のような状態が見られた場合は、病気にかかっている可能性が考えられます。
少しでも異変を感じた際は、早急に動物病院に連れていくことをおすすめします。

2-1.外傷性結膜炎による目やに
猫同士でじゃれあった際や物にぶつかった際などに眼球を傷つけてしまい、それが原因で結膜炎になり、目やにが出ることがあります。
結膜炎とは、白目からまぶたの裏を覆っている結膜という部分の炎症のことです。

2-2.マイコプラズマ性結膜炎による目やに
マイコプラズマ性結膜炎とは、マイコプラズマという細菌によって引き起こされる結膜炎の一種です。
これに感染すると、さらさらした涙や目やになどが見られます。
また、マイコプラズマは肺に感染して肺炎を起こすことがあり、肺炎によって命をおとす猫もいるので、結膜炎の症状が出た段階ですぐに病院に行きましょう。

2-3.ネコ風邪による目やに
猫風邪とは、クラミジア、ヘルペスウイルス、カリシウイルスなどの細菌により引き起こされる風邪です。
感染した細菌によって症状は微妙に違いますが、目やにの他に、鼻水や発熱、食欲不振などにおちいります。
放置しておくと重症化することがあり、自然回復はあまり期待できないので、適切な治療が必要となります。

3.病気以外で目やにが発生することもある

目やにが発生する病気について説明をしましたが、病気以外でも目やにが出るケースは存在します。
例えば、アレルギー反応によって出るケースなどです。
アレルギー反応が出た場合、目を保護するためにさらさらとした透明の涙が出て、目やにが発生することがあります。
アレルギーが疑われるケースでも、ひとまず病院で診察してもらい、何がアレルギーの原因になっているのか調べましょう。

4.目やにを予防するフードについて

病気のために目やにが出ている場合は、動物病院で指示されたフードを与えることが必要です。
しかし、食物アレルギーでしたらフードで予防することができます。
猫によって、アレルギーの原因となる原材料は様々です。
ただ、猫がアレルギー反応を引き起こしやすい穀物をなるべく与えないといった対策でしたら、フードで対応することが可能です。
商品によっては、穀物を使用していないグレインフリーというフードも出ているので、そのようなフードに切り替えれば、アレルギーになる確率を下げることができます。
また、日頃から十分な栄養摂取ができておらず、先述した病気にかかり、結果的に目やにが出ることもあります。
それを防ぐために、栄養がしっかりとれる総合栄養食を毎日必要な分だけ与えることも重要です。
好き嫌いがある猫は、フードを選り好みすることがあります。
そのような時は、食べてくれないからといって少量を与えたり、食いつきのよいおやつばかりを与えたりするのは厳禁です。
必ず、猫が食べてくれる総合栄養食を探しましょう。
嗜好性の高いウェットタイプの総合栄養食もありますし、ドライタイプのフードをお湯でふやかしたり、温めたりするだけでも嗜好性は高くなります。
猫の健康維持はもちろん、目やに予防をする上でも、フードの工夫をすることは非常に大切です。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細