キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ウェットキャットフードの特徴

1.ウェットフードとは

約10%程度しか水分を含まないドライフードとは違い、ウェットフードは約75%程度の水分を含むフードです。
柔らかく作られており、ドライフードよりも味やにおいが強いため、猫が好みやすい傾向にあります。
また、総合栄養食から一般食まで、様々な用途のフードが出ています。
以下、ウェットフードの特徴について紹介していきます。

1-1.ウェットフードはどんな猫に与えるのがおすすめ?
ウェットフードは嗜好性が高いので、ドライフードを食べたがらない猫や、水を飲みたがらない猫にもおすすめです。
また、ドライフードと比較をすると柔らかく作られているため、まだ歯が十分に成長していない子猫や、噛む力が衰えている老猫の食事としても、与えることができます。

1-2.ウェットフードのパッケージ・保存期間について
缶詰やパウチなどにパッケージされていることが多く、未開封であれば、長期間の保存が可能です。
少量パックに梱包されているため、鮮度の高いフードを与えることができます。
ただし、一度開封をしてしまうと、長い期間保存しておくことはできません。
冷蔵保存で翌日まで、冷凍保存で3~4日程度までしか持たず、鮮度の低下や傷むスピードが早いので、開封後は早めに与えきってしまうか、処分しましょう。

2.ウェットフードの種類

ウェットフードの形状にはいくつか種類があります。
以下、それぞれの特徴を紹介していきますので、猫の好みや体の調子によって、合うタイプを与えてあげましょう。

2-1.フレークタイプ
ツナ缶のように、魚や肉などの素材の形を残してあるタイプで、主に、缶詰にパッケージされていることが多いフードです。
味や香り、食感などを楽しむことができ、食べごたえのあるフードになっています。
ドライフードのトッピングとして利用したり、おやつとして与えたりすることをおすすめします。

2-2.パテタイプ
魚や肉などの原材料をムース状やペースト状にミックスしたフードです。
ドライフードにも混ぜやすいことが特徴で、お湯と混ぜて子猫用の離乳食や老猫の食事として与えることもできます。
パッケージはアルミトレイに入っていることが多いです。

2-3.スープタイプ
素材を煮込み、とろみをつけたタイプのフードです。
ウェットフードの中でも水分含有量が高いので、水の代わりに、ドライフードをふやかすことにも利用できます。
また水分補給やおやつとして与えることもできます。
軽く温めると香りや味がさらに立ち、嗜好性が高くなるので、食欲のない猫に与える場合にもおすすめです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細