キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの原材料(魚)

1.魚を原材料にしているフードのメリット

キャットフード中には、マグロやカツオ、タラ、サケなどの魚を使用しているフードがあります。
魚には様々な栄養が含まれており、具体的には以下のようなメリットがあるのでご紹介します。

1-1.タウリンが豊富
魚にはタウリンという成分が含まれています。
このタウリンは猫の目や心臓の健康を維持する働きを持っており、タウリンが不足してしまうと目や心臓の疾患に繋がる恐れがあるのです。
猫にとって需要なタウリンですが、猫は体内でタウリンを作り出すことができないため、食べ物から摂取する必要があります。
肉にもタウリンは含まれていますが、魚は肉よりもさらにタウリンが豊富に含まれているため、猫の健康維持にとても役立ちます。

1-2.オメガ3系・6系が豊富
魚には、オメガ3系や6系といった脂肪酸という成分が豊富に入っています。
オメガ3系は血流改善や善玉コレステロールの増加などの効果があり、オメガ6系は健康な皮膚や体毛の維持に良い効果をもたらします。
これらの成分もタウリンと同じく、猫の体内で作り出すことができず食べ物から摂取しなくてはいけないので、脂肪酸を多く摂取したい場合は魚介系のフードがおすすめです。

1-3.タンパク質が豊富
魚はタンパク質も豊富です。
肉食動物である猫にとってタンパク質の摂取は非常に大切で、筋力やからだの成長を支える重要な成分のため、子猫の時からしっかり摂取させてあげる必要があります。
なので、タンパク質を摂取させる目的でも、魚を使用したキャットフードを与えることはおすすめできます。

1-4.カルシウムが豊富
しらすなどの小魚にはカルシウムがたくさん含まれています。
カルシウムの摂取は、骨や関節の健康に良い影響を与えるので、猫にとって重要な栄養のひとつなのです。

2.生魚を与えることはあまりおすすめできない

キャットフードに含まれている魚ではなく生の魚を与える場合は様々なリスクがあり、与える際に注意しなくてはいけないことも多々あるため、あまりおすすめできません。
例えば、上記で脂肪酸の摂取が良いと説明しましたが、この脂肪酸は過剰摂取しすぎると体内で酸化してビタミンEの不足を招きます。
そして、イエローファットという下腹部にしこりができる病気へとつながる危険性があるのです。
生の青魚にはこの脂肪酸が特に多く含まれているので、与えすぎないよう注意が必要です。
魚が主原料のウェットフードの場合は、これを防ぐためにビタミンEが添加されています。
購入の際に確認してみるとよいでしょう。
また、生の魚には寄生虫が含まれている可能性があるので、一度冷凍して寄生虫を死滅させる必要があります。
他にも、魚の骨が猫の体内で刺さる危険性もあるので、猫に与える前にきれいに取り除く手間もかかります。
このようなリスクや手間を回避した上で魚を食べさせたい場合は、やはり栄養面や安全面を考慮して作られた魚のキャットフードがおすすめなのです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細