キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

フレークタイプのキャットフード

1.フレークタイプの特徴

フレークタイプは「ウェットフード」という分類にジャンル分けできるフードです。
ウェットフードとは、約75%の水分含有量を持つフードで、乾燥したタイプのドライフードよりも、柔らかで嗜好性が高く、水分補給などにも使えることが特徴です。
そのため、歯の弱い子猫や老猫、水を飲みたがらない猫におすすめできます。
ウェットフードの形状には様々な種類がありますが、その中でも、原材料の形が残っているタイプのものを「フレークタイプ」と言います。
イメージとしては、ツナ缶のツナに近い形状です。
主に、缶に入っていることが多いですが、パウチに入っている商品もあります。
原材料のにおいや風味がそのままパッケージされているので、新鮮な味わいを楽しむことができます。
猫は新鮮な食べ物を好む傾向にあるので、ドライフードを食べてくれない猫にもおすすめできるフードです。
また、ウェットフードの中では比較的価格も安いことが多く、未開封の状態であれば長期保存も可能なので、まとめ買いしておくこともできます。

2.フレークタイプの原材料

フレークタイプは魚や鶏肉などを原材料として使用されていることが多いです。
まぐろやかつお、さば、えび、しゃけ、かになどの魚介類や、鶏肉や米、チーズが混ざっているものなど、商品によって材料は様々です。
特定の原材料を好む猫もいるので、食いつき具合を観察して、合ったフードを与えましょう。

3.フレークタイプを与える時のポイント

フレークタイプは、ドライフードにトッピングして与える方法がおすすめです。
一般的に、猫の主食には、総合栄養食のドライフードを与える飼い主さんが多いですが、猫がドライフードの味に飽きた場合や、体調不良などで食欲がおちていると、食いつきが悪くなることがあります。
そのような時は、このフレークタイプをドライフードの上にふりかけて与えると、食いつきの悪さが改善することがあります。
もし総合栄養食と一緒に与える場合は、カロリーの摂りすぎにならないよう、カロリー量を調整してください。
また、ご褒美やおやつとして、そのまま与える方法もおすすめです。
その場合も、カロリーの摂りすぎには注意し、メインとなる総合栄養食の量を減らすなど、調整を行いましょう。
ドライフードはお皿の上にしばらく開けっ放しにしておいても問題はありませんが、ウェットフードは長時間放置すると、早く傷んでしまいます。
なので、ウェットフードを保管する場合は、必ず常温ではなく、冷蔵庫に入れて保管をしましょう。
そして24時間以内に与え切ることが難しい場合は、処分することをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細