キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

冷凍したキャットフードの解凍方法

1.キャットフードを解凍するには

猫がウェットフードの食べ残しをした際、残った分を冷凍保存する選択肢があります。
冷凍保存してもよいのはウェットフードだけで、ドライフードを冷凍することはおすすめできません。

ドライフードはその名の通り水分含有量がとても低いため、結露の影響を受けやすいです。解答時の温度変化により湿気ってしまうとフードの風味や食感が大きく損なわれてしまう可能性があります。
また、冷凍庫だけでなく、冷蔵庫で保管する場合も同様に結露がついてしまうので避けるようにしましょう。
普段から一度で食べられる分だけ出すように心がけ、残ったフードは捨てるのが最適です。

ウェットフードを冷凍保存した場合、再度食べさせる時に解凍を行う必要がありますが、解凍の仕方にもいくつか注意点があります。解凍時は、以下のポイントを念頭においた上で行うことをおすすめします。

1-1.電子レンジで解凍しない
人間用の食品を解凍する際、電子レンジを使用することはよくありますが、キャットフードの解凍に電子レンジを使用することはおすすめできません。
電子レンジで解凍を行ってしまうとキャットフードに結露ができてフードの水分含有量が変わるため、湿っぽくなって食感が変わってしまったり、味やにおいが薄まってしまったりといったデメリットが出てきます。
結露のせいで食感や味、においが変わってしまうとフードの嗜好性も低くなり、猫が食べてくれない可能性があるので電子レンジでの解凍は避けた方が賢明です。

1-2.自然解凍がおすすめ
解凍時にできるだけ結露させないようにするには、自然解凍がおすすめです。
猫に与える数時間前に、冷凍庫から冷蔵庫にフードを移動しておき、ある程度解凍ができたら常温で解凍を行いましょう。
このように、徐々に保存する場所の温度を上げていくことによって、キャットフードの質を大きく下げずに済みます。

1-3.流水で解凍する方法を使っても良い
もし、早急に解凍を行いたい場合は、流水につけて自然解凍するとよいです。
まず、猫に食べさせる分を取り出して、中のフードが濡れてしまわないように密閉できる袋に移します。そして、氷水の入った容器に袋を入れた状態で流水に当てましょう。

2.解凍時だけでなく冷凍時にも注意が必要

どんなに解凍時の注意点に気をつけたとしても、冷凍保存の仕方が悪いとフードの劣化に繋がってしまいます。
フードの劣化を防ぐには、密閉をすることが重要なポイントです。
そのため、冷凍時には密閉できる容器に入れて保管をするか、ラップに包んで保管をしましょう。
ラップに包む場合は、包み方が甘いと冷凍庫の中でラップがほどけてしまい、フードがむき出しになってしまう可能性があるため、二重か三重に巻いて保管する方法がおすすめです。
もし、ラップを使用することに不安を覚える場合は、真空パックが可能な容器や袋を利用するとよいでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細