キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ウェットキャットフードの種類(一般食・副食)

1.一般食・副食とは

一般食や副食は、栄養補給のサポートや嗜好増進を目的としたフードです。
総合栄養食は主食として与え、一般食・副食はおかずやおやつとして与えるケースが一般的です。
一般食だけは必要な栄養を十分に摂取することはできませんが、特定の栄養を補給させてあげたい時や、猫の食欲を引き出したい時には、この一般食・副食が役に立ちます。
表記の仕方は様々で「一般食」「副食」と書かれている商品もあれば、「おかず食」「嗜好食」などと書かれている商品もあります。

2.一般食・副食を与える時のポイント

メリットもある一般食・副食ですが、猫の健康面なども考えた上で適切に与える必要があります。
与え方を誤ってしまうと、猫が体調を崩す危険性もありますので、以下、与える際のポイントについて紹介します。

2-1.一般食・副食だけの食生活はNG
猫が好むような味付けやかおりがするフードも多いため、中には一般食・副食を気に入りすぎてしまい、総合栄養食を食べなくなる猫もいます。
しかし、一般食・副食の場合は、主食として与えることを想定して作っていないので、栄養バランスは整っていません。
猫がよく食べてくれるからと言って、一般食ばかり与えてしまうと、栄養失調や肥満などの原因にもなりかねません。
そのため、一般食・副食を与える時は、必ず総合栄養食も与えるようにして下さい。
総合栄養食を食べてくれない時は、一般食をトッピングして一緒に食べさせてあげたり、飼い猫が好む味の総合栄養食に切り替えてあげたり、工夫をしてあげましょう。

2-2. 総合栄養食と一緒に与えるときのポイント
ドライフードの総合栄養食をあまり食べてくれない時には、食いつきを良くするために、ウェットフードの一般食・副食を一緒に与えると、改善する場合があります。
ツナ缶のようなフレークタイプのフードを活用する場合は、ドライフードにトッピングするような形で与えましょう。
また、ムース状になっているパテタイプや、スープ状になっているスープタイプを使用する場合は、ドライフードによく絡ませて与える方法がおすすめです。
また、総合栄養食と一緒に一般食・副食を与える場合は、摂取するカロリー量に注意しましょう。
総合栄養食のパッケージや公式ホームページには、体重や成長段階ごとに、1日の摂取すべきカロリー量やフードのグラム数が載っているので、まずはそれを把握しておきます。
その上で、総合栄養食と一般食・副食を合わせて、その必要カロリー量をクリアしているか、逆に摂りすぎになっていないか確認をし、必要であれば量の調整を行って下さい。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細