キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

美食猫のためのキャットフード

1.猫はグルメな生き物

猫はとてもグルメな生き物です。
猫によっては好き嫌いがはっきりしていることもあり、口に合わないフードや新しいフードを食べたがらない場合があります。
猫の祖先であるリビアヤマネコは、過去に食べたことがない肉は食べないという傾向を持っています。
得体の知れない肉を食べることによって、体調不良に陥ることがあるからです。
そのため猫も似たような習性を持っており、新しいフードは食べたがらない場合があります。
また、今まで食べていたフードに飽きてしまい食べなくなることもあります。
体に異常がなく元気があるのに、いつものフードをあげると全く食べようとしない場合は、フードに飽きてしまっている可能性が考えられます。

2.美食猫向けのキャットフードの選び方や対応

猫がフードを食べてくれない時はどのようなフードを選ぶべきか、そして、どのように与えれば食べてくれるのか、いくつかポイントを以下にまとめましたので、紹介します。

2-1.フードの切り替え時に工夫する
今まで与えていたフードから新しいフードに切り替えたいけれど猫が食べてくれない場合、徐々に切り替えを行うと食べてくれるようになることがあります。
最初は今まで与えていたフードの中に、新しいフードを少量混ぜた状態で与えます。
問題なく食べるようだったら、新しいフードの比率を徐々に多くしていき、最終的に新しいフードだけでも食べられるよう慣らしていきましょう。

2-2.小分けにされたパックを選ぶ
せっかく新しいフードに慣れてくれたはずなのに、しばらく経つとすぐ飽きてしまう場合は、味付けの違うフードが種類別に小分けパックされているフードを与えてみましょう。
飽き性な猫の場合、気分によって食べたいフードがコロコロ変わる場合があります。
そのような時は、大袋のフードを買うより色々な味が小分けパックされたフードの方が、対応がしやすいのでおすすめです。

2-3.ウェットフードを与えてみる
ドライフードを食べない猫の場合は、嗜好性の高いウェットフードを与えてみる方法をおすすめします。
水分量が多く、素材の風味をそのままパックしてある缶詰やパウチタイプのものを与えると、食いつきが良くなる場合があります。
ウェットフードだけでなくドライフードも食べさせたい場合は、どちらも混ぜて与えると良いです。
また、ドライフードをお湯や猫用スープでふやかす方法でも嗜好性を高めることができるので、食いつきが悪い場合は試してみると良いでしょう。

2-4.猫の好きな味のフードを選ぶ
猫によって好みの味は違います。
魚が好きな猫もいれば、肉が好きな猫もいますし、子猫の時に慣れ親しんだ味をずっと好み続ける猫もいます。
猫の食いつき具合や、日頃好んで食べている味は何かをよく観察し、新しいフードに切り替える際はそれを考慮した上でフード選びをしてみましょう。

2-5.様子がおかしい時は病院に連れていく
猫がフードを食べなくなるのは、単に好き嫌いしている可能性もありますが、病気のために食欲が低下している可能性もあります。
元気があれば問題ないですが、いつもと様子が違う場合や、どんなフードを与えても食べたがらない場合は、病気の可能性も疑って、一度動物病院に連れていきましょう。
もし、病気ではなく単に好き嫌いしていた場合でも、病院でフード選びについて相談に乗ってもらうことができます。
少しでもおかしいと思ったら、念のために病院に連れていくことをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細