キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの原材料(穀物)

1.穀物の摂取は猫にとってデメリットが多い

キャットフードには、穀物を使用している商品が多くあります。
しかし、猫は穀物の消化が苦手です。
なぜなら猫は肉食動物で、本来であれば穀物(大豆や小麦、トウモロコシなど)を食べる習慣がありません。
そのため、猫のからだは肉の消化性に特化した短い大腸を持っているのです。
しかし、この短い大腸を持つという構造は、穀物の消化には向いていません。
猫によっては穀物を摂取したことによって、消化不良を起こしたり、アレルギー反応を出したりといった危険性があります。
また、消化性の面以外でも、穀物に含まれる炭水化物の摂取により太りやすいといったデメリットがあります。
猫は肉や魚に含まれるタンパク質や脂質によって満腹中枢を満たすといわれているため、炭水化物がメインのフードではなかなか満腹感を得ることができず食べすぎてしまうことがあります。

2.なぜキャットフードに穀物が使用されているのか

あまりメリットがない穀物ですが、なぜキャットフードには穀物が使用されているのでしょうか。
その理由は、主に安いコストでフードが製造できるからです。
本来であれば、猫の食事には肉や魚をふんだんに使用することが理想的です。
しかし、そのようなフードを作るとなるとコストが高くつきます。
なので、かさ増しをするために穀物を混ぜて作っているというフードが多く出回っているのです。
しかし、コスト面だけを考え健康面をおざなりにしているフードは、猫にとって良いフードとはいえないのでおすすめできません。

3.消化性の良さを考慮して加工しているフードもある

上記で穀物は消化性が良くないと説明をしましたが、実は加工をすることによって穀物の消化性を高めることができます。
例えば大豆はそのままで食べるよりも、豆腐に加工した方が消化性を上げられることと似ています。
なので、フードによっては穀物でも消化が良くなるように手を加えている場合があります。
成分の項目に、超高消化性タンパクなどの記載がある場合は、消化向上のために加工された原材料が含まれています。
穀物の消化性が気になる場合はこのようなフードを与えるのもひとつの手段です。

4.穀物を使用していないフードもある

また、キャットフードの中には穀物を一切使用していないグレインフリーという種類のものがあります。
グレインフリーのフードは、肉や魚をふんだんに使っており、猫本来の食事にも近いフードのため、健康面でも安心して与えられる傾向にあります。
コストダウン目的で使用されることの多い穀物が入っていないので、グレインフリーの場合値段は少々高額になる傾向にあります。
しかし、猫の健康のためにも一度検討してみる価値はあるでしょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細