キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

グレインフリーキャットフード

1.グレインフリーのキャットフードとは

キャットフードの中には「グレインフリー」と表記されたものがあります。
このグレインフリーとは穀物を一切使用していないという意味があり、穀物の代わりに肉や魚などを使用しているのです。
穀物とは主に、トウモロコシや小麦、お米などのことを指し、これらが入っていないグレインフリーのフードは、肉食動物である猫本来の食事に似ているのです。

2.グレインフリーキャットフードのメリット

グレインフリーのフードには様々なメリットがあります。
以下、グレインフリーキャットフードのメリットを3つ紹介します。

2-1.消化に良い
肉食である猫は、本来穀物を食べる習慣がないため、腸が短くできています。
ですから、穀物などは消化しづらい傾向にあり、体質によっては穀物をうまく消化できずにお腹を壊すことがあります。
猫は動物や魚の肉を摂取していれば生きていくことができ、猫のからだにとって消化が良いのです。
猫は穀物を積極的に摂取する必要はないのですが、かさ増し目的で穀物を使用しているキャットフードが多く出回っています。
穀物が入っているフードは安売りされていることもあるため、コスト的な面を考えると手が伸びそうになりますが、グレインフリーのフードの方が猫のからだにやさしいのです。

2-2.穀物由来のアレルギーを回避できる
猫は穀物によってアレルギー反応を引き起こすことがあります。
先述したように、穀物は消化性に優れていないため多く摂取すると猫のからだが拒絶反応を起こし、アレルギーとなってしまう場合があるのです。
しかし、グレインフリーの場合はそのような心配もないため、穀物アレルギーの予防にもなります。

2-3.太りにくくダイエット効果がある
穀物には炭水化物が含まれているため、穀物がカットされたフードは炭水化物もそれだけカットされているということになります。
猫は食事全体のうち1割程度炭水化物が入っていれば、栄養面では問題ありません。
逆に、穀物によって炭水化物を過剰摂取してしまうと、肥満の原因になります。
そのため、ダイエットをさせたい猫にグレインフリーのフードを与えると、肥満防止を期待することができるのです。

3.グレインフリーキャットフードのデメリット

ここまでグレインフリーのフードについてメリットを紹介してきましたが、2点ほどデメリットもあります。
以下、デメリットについて紹介します。

3-1.価格が高いことがある
穀物は安価なため、安売りされているフードには穀物が多く使用されていることがあります。
逆に、肉や魚は穀物よりもコストがかかるため、穀物を一切使用しないグレインフリーのフードは、どうしても価格が高くなってしまうといった特徴があります。
しかし、質の悪い安物のフードを食べて体調不良を起こした場合、医療費がかさむこともあるのです。
長い目でみた場合、グレインフリーのフードで健康的な食生活を送った方が猫にとってもからだの負担がなく、ストレスを感じなくて済みます。
同じ費用を払うのであれば普段の食事を変えた方が、猫にとって幸せといえるでしょう。

3-2.腹持ちが良くないフードもある
肉や魚より穀物の方が腹持ちは良いため、グレインフリーのフードに切り替えた際、猫がフードをもっと欲しがるといったことが考えられます。
しかし、パッケージに記載されている給餌量をしっかり与えていれば、栄養不足におちいることはありません。
猫がどうしてもほしがる場合は、一日に与える量は変えずに食事回数だけをふやしてなるべく猫が満足できるように工夫をすると良いでしょう。
また、今まで食べていたフードとグレインフリーのフードを混ぜて与えていく方法もおすすめです。
慣れてきたら徐々にグレインフリーのフードを多くして新しいフードに切り替える作戦も、対策のひとつとしておすすめできます。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細