キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

毛玉ケア用キャットフード

1.猫の毛球症について

猫はとてもきれい好きな生き物で、毎日こまめにグルーミング(けづくろい)をします。
猫の舌はザラザラしているため、毛並みを整えることに適しているのですが、毛を絡めとってしまう特徴もあるので、そのまま飲み込んでしまいます。
飲み込まれた毛は消化されずに胃の中に溜まってしまうので、その毛を、毛玉状態にして吐き出します。
この毛玉を吐き出す行為を、毛球症というのです。
毛球症というと病気のような印象を受けますが、毛玉を吐き出すことは猫にとって自然な行為なので、病気ではありません。
吐き出すことが上手な猫は、1回でまとめて吐き出すことができます。
しかし、猫によっては毛を吐き出すのに時間がかかり、数日の間、何回にも分けて吐いたり、食べた食事も一緒に吐いたりすることがあります。
このような状態を見て何かの病気だと思い、病院に連れていく飼い主さんもいるのですが、検査をして特に異常が見られない場合は毛球症の可能性が高いです。
また、毛玉を全く吐き出さない猫もいます。
その場合、飲み込んだ毛を腸に流し、便として排せつしていることがあるので、毛玉を吐き出さないからといって、異常というわけではありません。
ただし、溜まった毛がいつまで経っても吐き出されず、便として排出されることもなく体内に残り続けると、やがて大きな毛玉となります。
そうなると、胃や腸の働きが衰えたり、猫の食欲が低下して痩せてしまったりします。
その場合、毛の排出を促す「毛球除去剤」を舐めさせることで改善することがあります。
しかし、毛玉がかなり大きくなってしまっており、毛球除去剤で対応しきれない場合は、胃や腸の開腹手術をして摘出することもあるのです。
毛玉の排出が見られず、食欲が低下している場合は、一度動物病院で診察してもらうことをおすすめします。

2.毛球ケア向けのフードについて

毛球症を予防するには、日頃のブラッシングをこまめに行ってあげたり、ストレスが溜まりづらい環境を作ったりすることも効果的ですが、食事で改善することもできます。
毛玉を排出させるためには、食物繊維を摂取させてあげることが重要です。
食物繊維を多く摂取することにより、胃腸に働きかけ、毛を便として排出しやすくなるのです。
猫が食べてくれる場合は、食物繊維を多く含む食べ物として猫草を与えると良いですが、猫によっては食べてくれないことがあります。
そのような時は、毛球ケア用のキャットフードを与えてみましょう。
毛球ケア用のキャットフードには、カボチャやサツマイモなど、食物繊維が多く含まれている原材料が使用されており、毛の排出を促す効果があるのでおすすめです。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細