キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

ウェットキャットフードをあげてしまうとドライキャットフードを食べなくなるのか

1.ウェットフードを好んでドライフードを食べないことがある

キャットフードには、カリカリとした固形タイプのドライフードと、水分量の多いウェットフードの2種類があります。
どちらも好き嫌いせず食べる猫もいますが、ウェットフードばかりを好んでドライフードを食べなくなる猫もいます。
病気などの理由で一定期間だけウェットフードを与える場合などは、再びドライフードに戻した際、猫がスムーズに食べてくれるよう対策を考える必要があります。

2.ウェットフードばかり好む時の原因と対処法

猫がウェットフードを好んでドライフードを食べない原因はいくつかあります。
以下、猫がドライフードを食べない時の原因とその対処法について、ひとつずつ解説をしていきます。

2-1.ウェットフードの方が美味しく感じる
猫がウェットフードばかりを好む主な原因として、ウェットフードの嗜好性の高さが特徴として挙げられます。
ドライフードは材料を細かく粉砕し混ぜ合わせて製造しているのに対し、ウェットフードは肉や魚などの風味をそのまま缶詰やパウチにパックしています。
そのため、ウェットフードの方が匂いや味が強い傾向にあり、それを美味しく感じる猫もいるのです。
なので、その場合は対策として、嗜好性を高めたドライフードを与えてみましょう。
お湯でふやかして温めると、ドライフードの嗜好性を上げることができます。
それでも食べない場合はウェットフードを混ぜた状態で与えると食べてくれることがあります。
他にも、単にドライフードの味付けが気に入っていない可能性も原因として考えられます。
例えば、今まで与えていたドライフードは肉が主な原材料だったけれど、ウェットフードでは魚が主な原材料だったという場合、魚の味が気に入って食べている可能性があります。
その場合は、原材料が魚メインのドライフードに切り替えてみると、すんなり食べることがあるので試してみる価値はあります。

2-2.夏バテをしている
猫も夏バテすることがあり、嘔吐や食欲低下などの症状が出ることがあります。
ウェットフードはドライフードよりも食欲を高めやすい傾向にあるため、ウェットフードを好んで食べている可能性が考えられます。
もし猫に夏バテの症状が見られるときは、まず動物病院で診察をしてもらいましょう。
そして、獣医さんと相談した上で、必要であれば夏場だけウェットフードを与え、涼しくなってきたらドライフードに切り替えるなどの対策を行いましょう。
また、夏バテではなく、他の病気にかかっていることが原因で食欲低下している猫もウェットフードを好む場合があります。
そのような時も、まずは猫のからだや様子に異変がないかよく観察をし、少しでもおかしいと感じる時は動物病院で相談することをおすすめします。

2-3.食事の時間帯が合っていない
ドライフードを食べない原因として、単に食事の時間帯が気に入っていない可能性があります。
ウェットフードの時は嗜好性が高いからモリモリと食べることができるけど、ドライフードはそこまで一気に食べられないという猫もいます。
そのような時はドライフードを置き餌にすると、時間をかけて全部食べてくれることがあるのでおすすめです。
少しずつドライフードを食べる猫には、置き餌にして様子をみてみると良いでしょう。
また、置き餌をする場合、長時間出しっぱなしにするとフードがどんどん傷んでいくので、少量ずつお皿に開けて与えてみましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細