キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードと人間の食事の違い

1.猫と人間では体の構造が違う

現在は、スーパーやコンビニでも手軽にキャットフードが購入できる時代になりましたが、キャットフードが今のように浸透する前は、猫まんまや人間の残飯などを猫に与えている飼い主さんが多くいました。

そのため、キャットフードではなく人間の食べ物を猫に与えても問題ないのではと思っている方も中にはいるかもしれません。ですが、実は食べ物の種類によっては、猫に悪影響を及ぼす可能性があります。
食材の種類によっては体調不良を起こしたり、最悪の場合死に至るケースもあったりするので、食べるからと何でもかんでも人間の食べ物を猫に与えるのは良くありません。

そもそも、人間と猫では体の構造が違います。また、人間は雑食ですが、猫は肉食です。
人間はさまざまな食材を消化することができますが、猫は肉の消化には長けている一方で、米や豆などの穀物の消化は苦手としています。
しかも、人間と人とでは、主なエネルギー源も異なります。人間の場合は、炭水化物を主なエネルギー源として摂取しますが、猫の場合はタンパク質をエネルギー源として摂取する必要があるのです。猫にとって炭水化物は摂取する必要はあるものの、少量で問題ないのです。

2.猫が食べられない食材について


以下の食材は、猫が食べてしまうと体調不良を起こす危険性や、与え方を誤ってしまうと病気になる可能性があります。

2-1.ネギ類
長ねぎや玉ねぎ、ニラ、ニンニクなどのネギ科に属する食材は猫に与えてはいけません。
猫がネギ類を摂取してしまうと体内の赤血球が破壊され、ネギ中毒を起こします。ネギ中毒を起こすと、下痢や嘔吐、ふらふらと歩くなどといった症状が見られます。
特に、子猫や老猫が摂取してしまうと重症を招く危険性があるので、非常に危険な食べ物なのです。

2-2.アボカド、アスパラガスなどの野菜
アボカドに含まれているペルシンとよばれる成分や、アスパラガスに含まれているアルカロイドという成分は、猫にとって良くない影響を与えます。
これらの食材を摂取することによって、嘔吐や下痢、痙攣などの症状を起こす危険性があります。
また、猫はそもそも野菜を食べる習慣を持っておらず、野菜を食べなくても肉や魚をしっかり食べていれば、問題なく生きていける身体をしているので、無理に食べさせる必要はありません。

2-3.生の豚肉や青魚
生の豚肉を食べることによって、トキソプラズマ症という感染症にかかる可能性があります。
このトキソプラズマ症は猫だけでなく、人間にも感染する恐れがあるため、非常にやっかいな病気なのです。
豚肉の場合は加熱をすれば問題なく与えることができるので、しっかりと火を通した上で与えるようにしましょう。

イワシやサバ、サンマなどの青魚には不飽和脂肪酸とよばれる成分が含まれており、この成分を過剰摂取してしまうと黄色脂肪症という病気にかかってしまうので、食べすぎには注意が必要です。
青魚を使用したキャットフードには脂肪の酸化を抑えるビタミンEが添加されているので、不安視する必要はありません。

2-4.イカやタコ
イカやタコは消化性が悪かったり、コレステロール値が高かったりといったデメリットがあります。
特にイカに関しては「猫が食べると腰を抜かす」ともいわれており、生のイカに含まれるチアミナーゼが猫に悪影響を及ぼす危険性があります。
チアミナーゼは加熱することによって効力を失うため、イカを与える際は必ず加熱しましょう。

2-5.人間用の調味料を使った食材
塩や砂糖、香辛料など人間用の調味料で味付けされた食材は、猫にとって味が濃すぎてしまい、塩分や糖分の過剰摂取になる危険性があります。
そのため、人間用に味付けされた食材は絶対に与えないようにしましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

その他