キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

キャットフードの原材料(加水分解動物性タンパク、加水分解甲殻類など)

1.キャットフードに含まれている加水分解動物性タンパクと加水分解甲殻類

キャットフードの原材料に着目してみると、加水分解動物性タンパクや加水分解甲殻類などといった原料が混じっていることがあります。
これらの原材料は、普通のタンパク質や甲殻類に更に加工を加えた原材料で、メリットとデメリットの両方を持っています。
今回は加水分解動物性タンパクと加水分解甲殻類がどのような原材料なのか、以下の項目より紹介をしていきます。

2.加水分解動物性タンパクについて

タンパク質には大きく分けて2つの種類があります。
動物性タンパク質と植物性タンパク質です。
このうち、動物や魚の肉に含まれているタンパク質のことを動物性タンパク質とよびます。
この動物性タンパク質を加水分解し、アミノ酸にまで分解したものが加水分解動物性タンパクです。
加水分解とは、水と反応して起こる分解反応のことをいいます。

2-1.加水分解動物性タンパクのメリット
加水分解動物性タンパクには、ただの動物性タンパク質にはないうまみがあります。
そのためキャットフードの嗜好性を上げ、猫の食いつきを良くする効果があるのです。
また、アミノ酸にまで細かく分解されているので、吸収しやすいタンパク質になっており、消化にも良いといった特徴があります。

2-2.加水分解動物性タンパクのデメリット
加水分解では、早く分解処理をできることから塩酸という水溶液を用いて処理が行われています。
しかし、この塩酸を使って処理する際にクロロプロパノールというからだに良くない不純物ができてしまうのです。
分解後は、アルカリを使って中和をし、クロロプロパノールや塩酸を除去する作業が必ず行われていますが、それでも微量に不純物が残ってしまうといったデメリットがあります。

3.加水分解甲殻類とは

蟹や海老などの甲殻類の皮は、キチンという主成分でできています。
このキチンを加工するとキトサンという成分になり、キトサンを加水分解すると、グルコサミンという成分へ変わります。
このグルコサミンのことを加水分解甲殻類とよぶのです。

3-1.加水分解甲殻類のメリット
グルコサミンには、軟骨を形成するのをサポートする働きがあります。
そのため、関節が弱りやすいシニア猫には特におすすめの成分なのです。
また、関節に負担がかかりやすい肥満猫にもおすすめで、体重によってすり減った関節をケアすることができます。

3-2.加水分解甲殻類のデメリット
加水分解甲殻類は、加水分解動物性タンパクと同じく加水分解を用いて作られているので、微量の不純物が混じっているといったデメリットがあります。

4.加水分解は不純物の基準値が制定されている

日本生協連という組織により、加水分解した際に出る不純物については基準値が設けられています。
各メーカーは、この基準値を超えないように作っており、基準クリアの確認をしてもらった上で商品に混ぜているのです。
そのため、安全性においての問題はありません。
しかし、不純物が混じっていることがどうしても気になる場合は、これらの原料が含まれていないキャットフードを与えることをおすすめします。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細