キャットフード.tv

猫助と愛猫サスケの猫ごはん安全性チェック

画像

食の細い猫にはどんなキャットフードがいいのか

1.食が細くなる原因

キャットフードを与えても食いつきが悪い、あまり多くの量を食べないなど、猫によっては食が細い場合があります。
食が細くなる理由は色々ありますが、主に以下の5つのうちのどれかに該当することが多いです。

1-1.生まれつき食が細い
からだに異常はないのに、色々なフードを試してもなかなか食事が進まない猫もいます。
人間と同じように、元々小食で多く食べきれない猫もいるので、心配な場合はまず動物病院に連れて行って、生まれつきなのかそうではないか診てもらいましょう。

1-2.フードが気に入らず食が細い
フードを変えた途端に、食が細くなった場合はフードを好き嫌いしていることも考えられます。
猫の中には味にこだわりを持っている場合があるので、日頃から猫が好む味を把握しておくことは重要です。

1-3.病気のせいで食が細い
ある時から突然食が細くなった場合は、病気の可能性も考えられます。
早期に病院で治療してもらえば軽症で済むこともあるので、猫の異変を感じた時はなるべく早急に動物病院に連れていくことをおすすめします。

1-4.子猫・繁殖期・高齢のせいで食が細い
ライフステージの変化による影響で食が細くなることがあります。
子猫は個体によって大きく差が出るため食べることを拒む場合があります。
繁殖期の猫は食欲よりも性欲が強くなり呑気に食事しているどころではなくなる場合もあります。
また、高齢になると運動量とともに食事量も落ちる傾向にあるのです。
しかし、どのライフステージにおいても必要な栄養をしっかり摂取しなくてはいけないので、各ライフステージにあったフードをしっかりと食べさせる必要があります。

1-5.気温が高いせいで食が細い
夏場などは気温が上がり、夏バテになって食が細くなることがあります。
夏バテを解消するには、フードの改善も必要ですがそのほかにも室内の空調環境を整えるなど快適に過ごせる工夫が必要になってきます。

2.食の細い猫への対応方法

食の細い猫にはフードを改善することによって食いつき具合が変わることがあります。
具体的には以下のような改善策をとってみると良いでしょう。

2-1.嗜好性の高いフードを与える
食が細い猫でも、お腹が空いている時に嗜好性の高いフードを与えられたら食いつきやすくなります。
ドライフードをあまり食べてくれない猫の場合は、嗜好性の高いウェットフードに切り替えたり、ドライフードをお湯でふやかし温めてあげたりするのがおすすめです。
また、少々価格が高いものが多いですが、上質で新鮮な肉や魚を使用しているフードに切り替えるのもひとつの手段です。

2-2.食事回数を増やす
一度に多くの量を食べきれないために食が細くなっている場合は、1日に与える量は変えず、食事の回数だけ変更してみましょう。
胃腸を休めながら食べることができるので、小食な猫でも食べやすくなります。

2-3.病気の場合は動物病院で相談する
上記で記載した方法を試してみても改善されない場合や、食事の様子以外にも異変がある場合は動物病院で診察してもらい指示を仰ぎましょう。
獣医さんと相談した上で病状に合った食事に変更することもありますし、どうしても食べない場合は注射器の形をしたシリンジという道具を使って食べさせることもあります。
適切なフードと給餌方法で、猫の食事をサポートしてあげましょう。

= コンテンツ =

安全確認済みフードレビュー

= 安心キャットフード一覧 =

画像

画像

画像

画像

= ケガ・病気に備えて =

画像

= RO水で安心安全! =

画像

キャットフードの詳細